FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

デジタル・カメラは記録するための機器とは思うのだが・・・

見たものを、そのまま記録するならデジタルカメラがいい。
フィルムだと撮った記録を、その場で確認することはできない。
ましてそれが白黒のフィルムだと、重要な色の情報は欠落する。
「今を記録する」ならデジタルカメラだと、散歩のカメラを、デジタルに替えた。

使っていると、
見たものを余すことなく撮るなら・・・と次第に広角側の画角になり、
横位置のフレーミングが主になってしまった。
これ、もしかしたら、コンポラ写真が流行ったころに似ていないだろうか?
1960年代中ごろから70年代中ごろ、広角レンズを使い、横位置で撮影された写真が多かった。
暗い部分は、黒く潰してもOK、少々銀粒子がでても、それがコンポラ写真という雰囲気だった。
(コンポタ写真に対し、こんな理解でいい?)
小生は保守的なのか、標準画角の50mmを多用。(ツアイスの考えなら43mm、でも戦前ライカが50mmを選んだので、35mmフィルムのカメラは、それが標準になってしまった。)
黒潰れは避けたいし、白飽和も嫌、できるだけ豊かなトーンの写真が撮りたいと思っている。
やっぱり、時代遅れなのかも・・・
記録だという思いで撮ってはいるが、
時には、いつもの調子に戻ってしまうこともある。
この一ヶ月ちかく撮ったデジタル写真をみると、
記録にはならない、いつもの自分が狙う写真も混ざっていた。
コロナの時DSC06351
緊急事態宣言が出ている東京の様子より、藤の花に目が行ってしまう。
季節だなぁ、洗足池の公園の藤棚、綺麗に咲いているだろうと思いながら撮ってしまった。
コロナの時DSC06105
逆光の光がいいと、画角を望遠側にして、花を接写撮影。
しかも手持ちで撮影できた!
思い立ったら、すぐにできてしまう。
技術の進歩はすごいと思う。
コロナの時DSC05706
柵に止まるカモメも、難なく撮影できた。
コロナの時DSC06023
コロナウイルスが広まり、警戒した町の姿を記録するはずが、
青空の色がいいと、空にレンズを向けてしまう。
コロナの時DSC06237
人より、繋がれた犬に眼が行ってしまう。
コロナの時DSC06186
こんな二人を見ると、スナップしてしまう。
記録する合間の息抜きでしょう。
コロナの時DSC06122 Ⅱ
写真を撮っていたら、小学校低学年の子をつれた母親が、近くに来て、
「あ、天使の階段がでている。」と、携帯電話を取り出し、撮影していた。
確かに、そう見えなくもない。
天使がコロナを持ち去ってくれる・・・・という幻想も悪くない。
救いはあるはず。
それは人間の叡智にかかていると思う。
-------------------------------------------------
昨日の夜、東京都のサイト「都内の最新感染動向」を開いたら、
前日までのグラフが書き直され、新しくなった。
過去のデータを含め、見直し作業が終了したのだろう。
5月13日 陽性者
従来のデータ、4月17日が感染の最高値ではなく、
4月9日がピークに変わっていた。
その時の感染者は266名に上っていたというグラフであった。
当時この日、200名近くになったので、すぐに300,400名の感染者が出るだろうと・・・怖れていたのを覚えている。
やはりそうだったかという思いと、もし、その時データーをチェックできるシステムになっていたら、
感染の状況を、もっと正確に判断できたと思う。
感染者数(訂正前)
専門者会議の資料によれば、感染のピークは、
80%削減で15日後、
60%削減で17日後に来るとなっている。
しかし実際は、ピークが観察されたのは、国の緊急事態宣言のだした、その翌日だった。
ピークの二週間ほど前は、
都知事が自粛要請を都民に向けて出した日に近い。

当時の感染者会議の説明を思い出すと、白々しい思いがする。
死亡数 推移
統計に使うデーターの信頼性の問題だろう。
正しい判断には、信頼性の高いデータが必要。

重症者の人数と、死亡した人の人数は、間違える要素は少ないと思う。
このデータを基にグラフを作り、感染終了時期と死亡者を、どのように算出するか 考えている。
おそらく 最終的には、この第一波の感染は、死亡者は300名前後で収まるだろうと・・・予想している。
一週間前のシュミレーションでは、450名前後だったから、下の方にぶれている。いい傾向だろう。



スポンサーサイト



  1. 2020/05/14(木) 14:09:51|
  2. デジタルカメラは記録機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緊急事態宣言が出された頃 | ホーム | コロナ禍       そして誰もいなくなった・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1604-d653065a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR