FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

記録のつもりなんですが・・・ 戸越公園から中延へ

デジタルカメラを持って、地元品川区内を散歩している。

今の状況を記録するのだから、何でも撮っておこうという意欲が湧く。
それも一部分を切り取るのではなく、全部だと思ってしまう。
デジタルカメラには標準ズームレンズがついていたが、
使ったのは、一番広角側だった。
これなら固定の広角レンズが最適、ズームレンズより小さく軽い。
16mmの広角レンズに替えて撮影することにした。
中延へDSC05262
戸越公園の中に置かれたベンチ。
お役所仕事。
もう少し工夫のしようはあると思う。
中延へDSC05282
商店街の店頭でマスク販売していたが、また値段は下がっていた。
店頭販売は、中華料理屋や流行りのタピオカ・ドリンク店の前が多い。
輸入業者と何らかのコネクションがあるのでしょう。
中延へDSC05291
戸越公園駅前の道は、嘗て宮前商店街と呼ばれていたと思う。
今は その商店街補助26号線で分断、宮前商店街と戸越公園駅前商店街になる。
江戸時代、ここは戸越八幡神社前の道だった。
その道に、宮前小学校は開校していた。
その後公園ができ、戸越小学校ができる。
駅は公園ができてから名付けられたと思う。
時代の替われば、名称も変化、それが理だろう。
電車が来たが、乗客の姿は少ない。
中延へDSC05297
駅前のショッピングセンターとは名ばかり、あまり流行ている印象はない。
4月の終わりごろ この辺りを散歩している。
中延へDSC06018
同じような時間帯。その時は全ての店舗が休んでいた。
酒屋なのでOK、今、家呑みが主流です。
中延へDSC05315
戸越公園商店街を右に折れ、第二京浜国道を渡り、大井町線の中延駅へ。
中延商店街に出る。
この道を、真っすぐ進むと、中原街道にぶつかり、旗の台の昭和医大病院近くにでる。
右には都営地下鉄の中延駅があり、交通の便はいいと思う。
中延へDSC05322
50mほど歩くと、中延スキップロードのアーケード街につく。
ここから、池上線 荏原中延駅までアーケード街は続いている。
雨の心配がないので買い物にはいいところだろう。
武蔵小山のアーケード街より、人の姿は少ない。
中延へDSC05324
中延へDSC05345
武蔵小山より 食材の野菜や肉、魚を売る店が目立つ。
中延へDSC05357
人の出は、通常の半分くらいかなぁ。
中延へDSC05367
アーケード街を抜けると、池上線の荏原中延駅になる。駅、左の細道は、短い呑み屋街になっている。
中延へDSC05368
その横道を通り、戸越銀座商店街を目指した。
まだ4時半過ぎ、春の日は長くなってきた。
緊急事態のため、飲食店は8時で終了の「お達し」がでている。
酒は7時で提供できなくなる。
「上に方針有れば、下に対策あり」
どの店にも、4,5人の客の姿。しっかりと飲食を楽しんでいました。
-----------------------------------------
うちの百合子が5月7日の陽性率が7.4%だとかTVで述べていたが、
その値が適正で納得できるものかは、
東京都の公開する「都内の最新感染動向」では、確かめようもない。
コロナ解析8
大阪府が出しているので、百合子としても出したいのだろうが、なんともお粗末。(掴みところ一杯)
科学的な思考はだめでも、政治的な勘はいい人だから、すぐ修正するだろう。
「都内の最新感染動向」 かなりアバウトなデータだと感じている。
これ事実か?と思うこともある。しかし、それを確かめる方法を持たない。
全てのデーターは「公」が握っている。
データーを改竄したり、秘密保持、プライバシー保護を名目に、黒塗りの資料を公開する政府がある。
東京都が、同じ穴のムジナではないと・・・期待しているが。
コロナ解析7
耳に心地よい、大本営発表でないことを願う。
スポンサーサイト



  1. 2020/05/11(月) 12:23:00|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コロナ禍       そして誰もいなくなった・・・ | ホーム | 旧東海道 品川宿を歩く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1602-ae384525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR