FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

コロナウイルスのアイコン?か、 目黒川の花筏

新型コロナウイルスの影響、緊急事態宣言を受け、外出は極力控えている。
やることもなくなったので、テレビを見る時間が増えた。
話題は新型コロナウイルスのことばかり。
見るのも嫌になったので、写真の整理をする。
コロナウイルスに頭脳も感染したか、つい「これウイルス?」と思ってしまう。
コロナ?いえ花筏1278-54
コロナのフレィヤーに似た花筏が、下流に向かい音もなく静かに動いていく。
冗談じゃない。
気持ちまで 抑えこまれた気がしている。

ノートパソコンを開け、その前で考え込んでしまう。
体力はもう小学生程度だろう。
走ったら 小学生にも負けるかも、
そして、深く考える思考能力は、中学生程度に落ちているのではないか・・・・
PCのエクセルソフトをいじりながら、能力の低下を実感している。
コロナシュミレーション1
ネガ現像の理論式を、変形しコロナウイルスの感染をシュミレーションできないものかと、
その数式を考えたが、うまく解けない。思考能力が低下し、ほとんど数学的能力は失せた。
おそらく高校か大学教養課程程度の数学レベルなのだが。考えが至っていない。

P  :感染集団の人口  定数
x  :感染した人の数  変数
n  :一日あたり何人の人に会うか  定数だが、行動制限が起こると 違う値になる。
q  :感染確率 WHOのテドロス氏の会見では、日本のクラスター班の活躍で およそ20%と判明したという。
t : 経過時間(日) 変数

dx/dt=(P-x)/P*n*q*x   ①式
の微分式で 表せないかと考えた。
(P-x)/Pは 非感染者の割合(確率)を表す。
その非感染者n人に xの感染者が接触する。
感染確率はq これでいいと思うが・・・・

(P-x)/Pの値は xが小さいうちはほぼ変化なく1とみなせる。(Pは1000万の都民)
すると感染初期は 
dx/dt=n*q*x    ②式で近似できる。
これは簡単に 
1/x*dx=n*q*t*dtなので、
積分した解は
Ln(x)=n*q*t+C と求まる。
変形すれば x=e^(n*q*t+C)
x=A*e^αt   (ここで A=e^C ,α=n*q の定数とする)
感染初期は 指数関数的に累積感染者数は増えることが示されている。

これでいいのかなぁと①式の解を求め カーブフィッチングしたが、
感染初期は合うが、後期になると 値は発散、現像濃度式のように一定値に近づかない。
数理モデルが駄目なのか、解の求め方が間違えているのか・・・・
実際の累積感染数は、指数関数カーブから、現像モデルのカーブへと、
偏曲しているはずなのだが、それが数式(解)で表現できない。
コロナ感染速度グラフ
感染症の数理モデルはすでにある。
SEIRモデルという計算ソフトがあるようだ。
おそらく感染研では、このプログラムを使用し予想しているようだが、
詳細は公表されていない。
テレビの放送で モデル予想したグラフを見たことがあるが、
あくまでもモデル実験の計算結果を見せ、注意を促すもので、縦軸、横軸も 現実の絶対値にはなっていない。
知りたいのは今のこのコロナウイルス、 何月何日にどれだけの感染者が出るか 具体的な数字が知りたいだけ。
今後何もしなければこうなりますでは、具体性は感じないが、恐怖心が 増強するだけ。
もし、そのソフトがあるなら、現在の日本の感染者の実績値、あるいは東京の実績値が、
その予想モデルで推計した値と、実績値がほぼ一致し、今後X日後の○月×Y日には、
感染者数はxxxxx名に達する。 だから、こう行動してくれと示してほしい。

東京の累積感染者をシュミレートしたいと思うのは、現在、感染のどの辺りにいて(グラフのどの位置)、今後、数日後、数週間後 どうなるのか知りたいだけ。
数理モデルで計算した結果を見せられただけでは・・・・この数理モデルでいいのだろうか?当たるかなぁと疑ってしまう。
数理モデルは、パラメーターの与え方で 予想値(そのカーブ)はかなり変化すると思う。
与えるパラメータ値に忖度があってはならない。
忖度、気兼ねなしなら、数理モデルの正確性を示すためにも、
このモデルで、(今までところ)、現実のデーターとバラツキは少なく一致しています。
整合性がとれています(カーブフィッチングしている)という検討結果の開示がほしい。
感染症は科学で立ち向かうべき。
ウイルスに忖度はないし、取引にも(デール)応じない。


スポンサーサイト



  1. 2020/04/16(木) 19:20:26|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自粛要請        品川駅を歩く | ホーム | コロナウイルスの感染拡大と フィルムの現像は似ているのだが・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1588-8461055d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR