FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Rollei赤外400フィルムを使う。    軟調現像液(Ⅵf)

軟調な現像液を試してみた。
(Ⅵf)軟調現像1267-8
中庸な現像液(Ⅲd)に比べると トーンはなだらか。
空はそれほど暗く落ちない。
緑の葉も白く輝くほどではない。
(Ⅵf)軟調現像1267-9
パンクロフィルム(普通の)でも出せるような なだらかなトーンの写真になったが、
緑の葉は 明るく写っている。
こういうトーンの写真、パンクロフィルムでは撮れないと思うが、
しかし、何も言わなかったら、赤外線写真とは気づかない人が 多いと思う。
デジタル・レタッチで トーンを自由に調整できる時代・・・・
写真のトーンなど、あまり気にしていないと思う。
(この写真など、フィルム写真と断らないと、
デジタル調整したものと見なされ、気にも止めないと思う。)

白黒フィルムでは、
フィルターを付けると、特定の波長の光をカットするので 
コントラストは上がり、トーンの豊富さは減少する。
その効果は、黄色より、赤のフィルターの効果の方が強い。
赤外線用のフィルターは 特殊だが、付ければ硬調なトーンになるはずだと考え、
現像液は中庸な現像液(Ⅲd)とやや軟調な(Ⅰf)、軟調な(Ⅵf)の三種で 現像条件を決めていた。
硬調な現像液(Ⅳ)系統でも 現像条件チェックしておくべきかもしれない。


スポンサーサイト



  1. 2020/03/12(木) 18:34:54|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白木蓮の咲く公園 | ホーム | 大崎ビジネス棟>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1567-c97f2d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR