FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

ネガは作曲(楽譜)、プリントは演奏。

アンセルアダムスの言葉だったかも。

被写体を発見し、光を読み、カメラをセットしフレーミング。
一瞬を狙い、シャッターを切る。
暗室に入り、撮影したフィルムを現像し、ネガを得る。
そこまでが作曲に相当する。

出来上がった楽譜(ネガ)を演奏することがプリントという作業。
プリント作業には、
印画紙の材質の選択、号数(軟調から硬調まで)、プリントの方法(覆い焼き、焼きこみなど)まで
多岐にわたる選択肢がある。
技術の習得の差は 演奏の良し悪しに直結する。
それがフィルム写真だった。
1950年代のプロの写真家は、自宅に暗室を設け、自分の手で、あるいは助手を雇い、
自分の責任で写真を作っていたのではないだろうか。

今でも白黒モノトーン写真に拘るプロはいる。
そういう方たちは、おそらく今も自分でフィルムを現像し、自分でプリントし 作品を作っているのだろうが・・・・
そうやって丁寧にプリントされた写真の市場性は・・・日本ではまだ おそらく今後も あまり大きなものにはならないだろう。
文化、伝統、意識が違うから致し方ない。

「ネガは作曲、プリントは演奏」 この言葉には納得している。
小生は道楽、己の楽しみで撮っているだけなので、 この言葉には納得している。
自分で作曲し、自分で演奏して、自ら自分の曲を楽しんでいる。
これでいいではないかと思う。
デジタルには、この途中の楽しさが欠損しているような気がしている。
「ネガは作曲、プリントは演奏」の楽しさ、Phone-Camera(デジタル)で、
楽しめるだろうか?
デジタル・カメラ(Phone-Camera) には、フィルム写真にない楽しさがあるのだろうが、
小生は まだよくわからない。(見いだせず、すぐに飽きてしまった。)
----------------------------------------
Acros100フィルムで撮影。
Acros100で使える一番硬調な現像液(Ⅳo)で現像した。
ネガをフィルムスキャナーでストレートに取り込む(プリント操作)
ネガは作曲プリントは演奏1264-15
黒潰れも白飽和もしない、ごく普通のプリント。
これでは面白くないと、再度 フィルムスキャナーの設定を変え(トーンカーブをより硬調に、全体を焼きこむようにして)取り込む。
ネガは作曲プリントは演奏1264-15 Ⅲ
白黒写真は、暗く焼きこんでいくと 「プロ」ぽく見える。
安易だと思うが、焼きこんでみた。
そして意味深な題をつける・・・という誘惑に駆られる。
(時分を大きく見せたいという願望)
ネガは作曲プリントは演奏1264-36
ネガをストレートに取り込むでみる。
PCなどのモニター画面に表示するということは、プリントしたようなものだろう。
洗濯ものが もっと白く輝いていた印象がある。
ネガは作曲プリントは演奏1264-36 Ⅱa
コントラストがもっと効いてもいい。
そこで、Photoshop(レタッチソフト)で、トーンカーブと、画像の濃度調整、コントラストを調整する。
これも、演奏の一つの有り方だろう。
最終的には、印画紙に似た(高級)紙に印刷し演奏は終了するのが小生のスタイル。
(現在のモニター画面では、表現力が不足している。写真の階調性の良さが出てこない)
デジタルで撮影している人は、紙は不要と、
モニター画面、フォト・フレームに表示させれば それでプリント終了とする人も増えているようだ。
(画質が悪くてもそれで満足するようになっているのだろう。「悪貨は良貨を駆逐する」かなぁ)
高解像度、ダイナミックレンジの広いモニターが 廉価で手に入るようになればいいのだが・・・
これも 新しい楽しみ方なのだろうが・・・・こうなると写真のプロが育つ環境 益々低次元になりそうだ。

量のない質はないというが、デジタル写真になり、簡単に綺麗な映像が撮れるようになると、
夥しい量の写真が氾濫してきた。
すると相対的に、写真の市場ニーズ・価格は低下(誰でも撮れるなら、より安い価格提示できる人・プロに依頼)する。
結果的に プロが育たなくなるということになりはしまいか?
「銀塩写真の20世紀は映像の世紀だった。」
では「デジタル映像の21世紀は○○の世紀」
 ○○にはなにが入ることになるのだろう?
スポンサーサイト



  1. 2020/02/28(金) 10:51:12|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<林試の杜にて        早咲きの桜 | ホーム | 白黒フィルム 現像について  (フィルムが手に入りさえすれば、写真は撮れる)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1558-fc20b009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR