FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

そうだ放置現像法がある!!        Fomapan100 をD76現像液で

去年の今頃、できるはずと放置現像法の条件を探していた。
一つには、You Tubeで静置現像(Stand Development)の紹介ビデオを見たことにある。

実際に行っている現像操作は 
1時間から2時間で現像を終了させるが、
その間一回か二回、現像液を攪拌するものだった。
現像むらがなく 簡単に 経済的にできると得意げに話していたが、・・・・違和感を覚えた。
そこに科学的なエビデンスは何もない。
ただ それがいいからというだけなら、
通販の画面に小さく表示させ「これは個人の感想です」のたぐいと同じだろう。
攪拌するなんて、これは静置とは呼べない。
現像成分(キノン類)と銀イオン粒子を
固液拡散律速状態で反応させるのがStand Developmentなら
理にかなった(攪拌不要の)現像法になるだろう。
それが可能か試すだけと その条件(概略だが)を明らかにした。
(方法は、Chemistなら だれでも 気づくと思うが・・・)

大学の研究所、あるいは企業の研究所の分析機器を使えれば、(物質収支を取る・・・化学反応理解の基本だろう)
現像主剤(キノン類)の最低必要量を正確に定量できるが、
実際のテストピースを使い、簡単な実験でも、概略の量は推定/判明する。

その実験のため去年使用したD76の現像液が残っていた。
約10か月前に調整したもの。
放置現像用タンク
D76がまだ使えるものか試してみた。
使用した静置現像タンク(実際は放置現像タンクとよぶべき)と
テスト用の小さなタンクは、去年使ったもの。(捨てずにとってあった)
D76 10ヶ月後 Fomapan100 放置現像 
去年実施したデータでは50倍から100倍希釈で 良い結果を得ていたが、
既に10か月経過している、劣化があるかもと、
セルにテストピースをいれD76を25倍希釈して、テスト現像した。
結果は現像オーバーだった。
ほとんど現像能力は低下していない。
そこで実際の現像では40倍希釈して現像した。
放置現像1259-13
フィルムをリールに巻き、タンクに入れたら、40倍希釈したD76現像液330ml入れ、
そのまま20時間部屋の中で放置した。
途中攪拌操作は一切していない。(タンクの構造上、攪拌できません。)
それでも 現像は無事終了 ネガの濃度は[83-225] すこし濃いめのネガになった。(50倍が正解かも)
放置現像1259-18
このカット すごくシャープ。
コンパクトカメラMinolta Hi-Matic Fと思えない解像感がある。
等倍で一部を取り出してみた。
放置現像 拡大1
放置現像 拡大 2
拡散律速状態で現像が進行したので、エッジができシャープ感がでたのだろうと思う。
まるで 高級なレンズで撮影したような感じになった。
放置現像1259-19
放置現像1259-26
放置現像 時間に縛られない人向きの 経済的ないい現像法だと思う。
いい所もあれば 副作用もある。
Fomapan100で行うには、まだ 改良すべき点あるけど・・・・
現段階では、Retro80Sフィルムで(Ⅵ)現像液を希釈して使う放置現像は実用レベルになっている。
今年は、この現像法で Rertro80Sを現像してみようかと考えている。
軟調(Ⅵ)と中庸(Ⅰ)現像はOKだが硬調現像液はどうかなぁ・・・チェックしてみるか。
また雑用が増えそう。
スポンサーサイト



  1. 2020/01/14(火) 18:39:11|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Fomapan100         中庸現像液(Ⅰf)を試す。 これで現像液テスト終了。 | ホーム | 減力処理         Fomapan 100    ソラリゼーションネガ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1540-44759e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (113)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (74)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (15)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (83)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (189)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (228)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (110)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR