FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

秋を求めて秩父を散策(5)  フィルムで秋を・・・

デジタルカラーとフィルムの違いを知りたくて、45年振りにポジフィルムを使ってみました。
秩父-1Velviaオリジナル
フィルムはフジのVelvia100を使用しています。
proviaという銘柄を買う予定が・・・なぜかVelviaに・・・ビックカメラの棚にベルビアがあったので、そうこれだと勘違い、手にしてしまいました。フィルムの名さえすぐ忘れる、ボケ老人になったようです。(ProviaとVelvia 写りはどう違うのでしょう?)
近くのカメラ屋(今はカメラ屋とは言わずPhoto~~と名乗るようです)に頼んで現像、ようやく昨日できてきました。意外によい発色に驚いています。
これをスキャナーで取り込み、トーンカーブを少し調整しました。赤の発色がいいですね。Nikkor 105mmレンズです。もう47年以上の付き合い。もちろんAi以前のレンズです。
同じ構図で、ソニーのNEX-3にマウントアダプターを介しNikkor 50mm F:1.4をつけて撮影。 これも47年以上に付き合いのレンズ。APSサイズなので、フルサイズだと75mm、フィルムより少し広い画角です。
秩父デジタルDSC02038
コンデジ(Canon IX 200a、Nikon CoolPixP1など)を使っているとき、(ネガカラーに比べ)鮮やかな色に驚いていたのですが、これはそれ以上、ポジフィルムの発色の良さに驚きました。デジタルを超えている! (ポジフィルム)やりすぎでは??
Velviaの画像、レタッチソフトで、各色の彩度を減らすと、大分、デジタル画像に近づきます。
秩父-1velvia彩度調整
なにか、色合わせの遊戯をしている気分になり、ちょっと居心地が悪い。デジタル画像の彩度を上げれば、フィルムのVelviaのようになる・・・
秩父-19Velvia
秩父デジタルDSC02105
デジタル画像、彩度を上げて調節したら、Velviaのような画像になりました。レタッチソフトで、彩度や、カラーバランスを調整すると、かなりの範囲で、画像の印象を変えることができるのですね。
びっくりしたのは、RAWで調整すれば、色温度(ホワイトバランスと呼ぶそうです)をコントロールできることでしょう。これには参りました。さすが技術の進歩です。
秩父-18Velvia
Velviaの画像、ススキの黄色味が強く出ました。フィルムを見ると(透過光)色に深みがあり、ススキもそれほど黄色くありません。いい発色なのに、スキャナーの問題かも・・・
レタッチソフトで、彩度、カラーバランスを調整してみましたが、薄の黄色は強く残ってしまいました。撮影した時の印象は、もっと白かった。
夕方で、色温度が下がっていたからでしょうか? フィルムの場合、色温度を変更するフィルターは必須アイテム。残念ながら、(カラーを写さなかったので)フィルターをそろえていません。
デジタルではRAWで撮影しておけば、後で色温度補正ができる!これすごいことです。
秩父DSC02103色温度調整
色温度を5400°Kに下げると、デジタル画像、現実に見たススキにほぼなっています。ただし、後ろの樹の紅葉 冴えません。Velviaフィルムのほうが、実際に近い。
秩父-23Velvia夜景
最後に、ライトアップされた三峰神社を撮影してみました。4秒の長時間露光。見た印象より赤みが強いようですが・・・このあたりになると、こんな画像も有りでしょう。デジタルで撮れば、印象のとおりの画像、調整して作ることできるのでしょうね。
色の豊かな(深い色が出せそう)フィルムを使うか、色温度をコントロールできるデジタルを使うか・・悩ましい。


スポンサーサイト



  1. 2013/11/09(土) 21:14:21|
  2. Photo彩遊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月の百日紅  これもホップ、ステップ、ジャンプのTry&Error撮影法 | ホーム | 秋を求めて秩父を散策(4)  4番札所 金昌寺の石仏たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/154-0769f82c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR