FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

五反田にて

富士フィルムが白黒フィルムAcros100を復活させたという。
一年ほど前、製造販売が終了した。
そのとき120フィルム(ブローニー判)を5本入り15箱、135フィルム 
36枚撮り3本 まとめ買いしていた。
今冷蔵庫に残っているのは 120フィルム4箱、135フィルム2本となった。

復活したAcrocⅡには期待していたが、意外と高い。
外国のメーカーと同じ価格帯・・・・
これでは、使えない。
それならフィルムの特性を良く知ったRetro系フィルムのほうが使いやすい。
おそらく製造はアグファのフィルム、Rolleiのブランドで発売されている。
Retro80S, Retro400S, 赤外400Sとフィルムのバラエティーは豊富で、目的に応じ 感度、感光領域も選べる。
AcrosⅡ、もっと安くないと、使う気になれない。

当面は、120フィルムでの使用を考えていた。
そこで、一番安価な120フィルムを探した。
チェコのFormapanが入手できるなかで 一番安価だった。
このフィルムを使うことを計画、
早速 135フィルム 100フィート長巻 一缶と 120(ブローニー) 10本を購入した。
今 長巻缶から切り出して、露光テストサンプルを作り、現像液の最適化を行っている。
来年から、実際の撮影に使用していくつもり。

残っているうち は、Acros100フィルム 使い続けます。
五反田1248-8
Acros100フィルム、確かに いいフィルムだと思う。
現像液を替えても、あまりトーンに変化はない。
それだけ失敗することは少ない。
暗部の潰れも意外と少ない、銀粒子も細かくざらつきを感じさせない。
いいこと尽くめだが 欠点は優等生的で面白さに欠けること。
写真撮っていて、面白いとは思えない。
(冷蔵庫にあるだけ使ったら、それ以降は使わないので、少々辛辣です。
本当の欠点は高いことです。AcrosⅡ、安かったら高評価を付けていたでしょう。)
スポンサーサイト



  1. 2019/12/17(火) 11:14:48|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<母の使ったカメラで | ホーム | 秋を感じたくて     日比谷公園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1525-8b74ee45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR