FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

勝島運河にて       Minolta Hi-Matic F Rokkor 38mm F:2.7

散歩コースの一つ 勝島運河で撮ったもの。
カメラはMinolta Hi-Matic F これは(も)母の遺品。
1970年代の初めの頃 使っていたものだと思う。
小型軽量で、「これならハンドバックに入れて持って行ける。」と言っていたのを覚えている。
重さは370gに過ぎない。
レンズはRokkor F:2.7 38mm.。当時としては広角レンズ。
F:2.8が普通の他社のカメラより明るいことをアピールするためF:2.7としたのだろうが、
そういう場合 大体が胡散臭い。
開放で使うとコントラストが低下したり、ハレーションやゴーストがでる場合が多い。
もっともこのカメラ、露光はオートなので、絞りとシャッター速度はカメラ任せ。
実際F:2.7で撮影したものか、少し絞ってf:2.8で撮ったものか分かったものではない。
f:2.7としたのは、宣伝のためだろう。
レンズはおそらくテッサータイプ。
レンズの切れはなかなかのもの。
勝島運河1249-12
38mmの広角レンズなので目測で距離を合わせても問題ないが、ちゃんと距離計はついている。
フィルムの感度ASA(ISO)は、使う前に合わせておくが、その範囲は25~500まで。
今でも、問題なく使えます。(50年ほど前のカメラです。)
勝島運河1249-13
フードはつけていませんが、逆光でもハレーション、ゴーストは出にくい。
勝島運河1249-21
4つ切くらいに伸ばしてプリントしたら、
同時代の高級一眼レフのレンズに比べ、コントラスト、解像感 若干見劣りする。
しかし、それが一番分かるのは、撮った本人。
そこまで凝って(疑って)写真を見る人は少ない。
サブカメラとして使ってたら、
あの高級一眼レフで撮ったものだろうと思い込んでしまい、見抜ける人は稀だろう。
勝島運河1249-8
フィルムは Retro80Sを使用。
露光はカメラ任せ。
ファインダーを覗き、構図を決め、ピントを合わせたらシャッターを切ればいい。
すごく簡単。
露光オーバーでも足りなくとも、シャッターは切れる。


一つ前の時代の家庭用カメラCanonetでは 
明るいF:1.9のレンズが付き、
速度優先の自動露光だが、露光オーバーと不足ではシャッターを押しても切れない。
自動を切ると、完全マニアルの機械式カメラとして使うことができる。
シャッターダイアル、絞り環はレンズについている。
ファインダーのブライト・フレームも距離に応じてパララックス補正して動いてくれる。
まだ、高級カメラに組み込まれた機能が残されていた。

Minolta Hi-Matic F コンパクトカメラ黎明期のカメラなのだろう。
軽く小さく安く作るため、余分な機能は抑えられている。
ファインダーのブライト・フレームは、距離を変えても変化しない。
シャッターダイアルも、絞りリングもない。
露光はカメラ任せのプログラム式。
でも、普通に使っていて、困ることはない。
誰が撮っても何かは撮れる。便利なカメラである。

現像は 軟調現像液と、硬調現像液を 途中で切り替えて使う、二段現像法で行なった。
これは街のDPE店/現像所に頼んでも無理だろう。
小生のオリジナル現像。
おそらくオリジナルなトーンになっていると思う。(と思いたい。)
スポンサーサイト



  1. 2019/11/26(火) 12:31:47|
  2. 勝島運河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<武蔵野の秋             Mamiya Press Sekor 105mm F:3.5 | ホーム | 二台のスーパー・イコンタ              Super Ikonta Opton-Tessar 105mm F:3.5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1517-1f1fbda1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR