FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

上大崎の植物                 Super Ikonta Opton-Tessar 105mm F:3.5

カメラの申し子ではないかと思う写真家に アンドレ・ケルテスがいる。
写真家としては、あまり恵まれてはいない。
第一次世界大戦と、第二次世界大戦の間の平和な時代、
パリで活躍した写真家。
たまたまアメリカに仕事ができ滞在しているとき、
第二次世界大戦が勃発、パリ(欧州)へは戻れなくなった。
ハンガリー出身のユダヤ人だったので、帰れば、おそらく命はなかったろう。
気の進まないコマーシャル・フォトで、どうにか生活していたようだ。
彼の写真は構図に厳しく、アメリカ人の好みには合わなかったようだ。

きっちりしたややもすると厳格ともいえる、付け入る隙のない構図ではあるが、
それでいて、やさしさ(親しみ)があり、
ほっとするものを感じる写真が氏の写真の特徴だろう。
クライアント(発注者)の意図には従わず、
写真(被写体)が勝手にしゃべりだす・・・・そんな感じの写真が多い。

アンドレ・ケルテスのように撮れたらすごいだろうなぁとはおもう。
静物1244-5 Ⅱ
そして、アンドレ・ケルテスを意識して撮ってはみるが・・・・
そうはできない。カメラの眼が違う。
--------------------------
ライカが発売されると、その有用性に気づき、早い段階からライカを使っていた。
同じハンガリー出身のキャパに、写真術とライカを教えたのは、
アンドレケルテスではないかと(小生は勝手に)想像している。
(キャパの初期の作品は、ライカカメラにズマールレンズで撮られてたものが多い)

フランスの巨匠カルチェ・ブレッソンにも影響を与え、
ルーマニア出身のブラッサイに写真術の手ほどきをし、
(そのころはルーマニアはハンガリー帝国の中にあった)
夜景の撮り方を伝授した・・・と勝手な想像をしている。
(夜のパリを撮影し、ブラッサイは一躍有名になる)

カメラの眼をもって生まれてきた人、
それが、アンドレ・ケルテスではないかなぁと思う。
スポンサーサイト



  1. 2019/11/20(水) 21:31:10|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二台のスーパー・イコンタ              Super Ikonta Opton-Tessar 105mm F:3.5 | ホーム | 育誠くん                  Super Ikonta Opton-Tessar 105mm F:3.5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1515-9685c28a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR