FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

記録する写真と記憶する写真。          Super Ikonta Opton-Tessar 105mm F:3.5

見たものを伝えたい(記録)か、記憶に残しておきたいか、
で写真を撮るスタンスが違うのかもしれない。

伝えたいと思うと、圧倒的にカラー写真を選ぶ。
素敵なレストランへ行き、おいしい料理を食べたとしたら、
カラーで撮影(Phone-Camera)し、SNSで直ちに友に伝える。
カラーは情報量が大きい。白黒写真で撮ったら、どんなおいしい料理であったか、判ったものではない。
でも、記憶に残すとしたら、余分な情報量を少なくし、
エッセンスを抽出(アブストラクト)した白黒モノトーンのほうが合っているように感じる。

天王洲1239-6 Ⅱ

記憶は思い出すたびに更新され純化して新たな記憶となる。
脳はそんなに沢山の情報を一時に処理できないのかもしれない。
情報過多は脳を疲れさせるだけだろう。
カラーで撮られた美しい写真、
もう一度見てみようと、写真集あるいは写真雑誌を探そうとはしない。
カラー写真は氾濫している。しかも みんな綺麗、あるいは定番のキャッチー写真。
こんなものだったろうと勝手に想像し、それで終わってしまう。

だけど白黒モノトーンであれば、
あの写真、何に心が動いたのか?と、記憶を反芻する。
気になり、その記憶を確かめようと、本棚をひっくり返す。
カラー情報が無い分、受け取り方の自由度は広い。
昔見ていいなと思った写真を再度見てみる。
何に心が動いたかを反芻して見ていると、
その時の感動を再確認したり、違った意味合い(よさ)を発見したりする。
その瞬間、記憶は新たなものとなる。
それが 白黒モノトーン写真の魅力なのだろう。
即物的な思考が得意な人は、カラー、
隠されたものを想像するのが好きな人は 白黒モノトーン
どちらが正解というわけでないが、
今はデジタルカラーが主たる写真表現、時代は、即物的な思考に 傾いているのだろう。
スポンサーサイト



  1. 2019/11/07(木) 21:50:36|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 新橋                  Super Ikonta Opton-Tessar 105mm F:3.5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1512-9fadf56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR