FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

奇妙な植物

見かける植物だけど、
よく見れば やはり奇妙。
奇妙な植物1220-8
人が近づくのを威嚇しているような気がした。

ピント操作はカメラ任せ。
撮りたい被写体から ピンは少しはずれ、後ピンになっていた。
露光の設定はカメラ任せ。
できるのはズームの焦点距離くらいだろう。
広角側35mmにしてフレーミングした。

レンズの切れもなかなかいい。
ちゃんと撮れている。
ピンがどうの、露光がどうのと不満を言うのは、
撮る人の 自己弁明、言い訳にすぎないかも。

写真の本質は 違うところにあるような気がする。

何を撮りたいかの狙いが、撮る人にあったとしても、
その写真をどう見るか、どう捉えたかの評価は、
見る人の知性、教養、理解力にかかっていると思う。
読み解いて、「さすが・・・いいなぁ」と思うか
「また真似か 進歩ないなぁ」
「なんだ くだらない、こけおどしか」と評価する。

写真を見る人の鋭い指摘があったから、
新しい写真表現が出てくる。
そんな循環が、あって写真表現は豊かになってきた。

しかし、その循環が停滞し、
撮る人と、見る人の緊張感がなくなると、写真表現は衰退していくと思う。

デジタル写真になり 多量の画像が流れていく。
ほとんど浪費と思えるくらい多量に。
しかも、デジタルの写真の画像のクオリティは高い。
でも写真表現に緊張感を感じない。

Phone-Cameraがいまや写真撮影の主流になろうとしている。
撮影は簡単、誰でもできるさと、
写真に特別な関心を示さなくなっている。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/05(木) 10:35:25|
  2. 黒い花 怪しい花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の暑い日    五反田駅前 | ホーム | 葉脈 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1476-54ce43a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR