FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

8月15日 武道館

北桔梗門をでて、北の丸公園に入り、武道館の前を通過したのは午後4時ごろ。
正午、ここで全国戦没者追悼式が催された。
武道館1219-32
式は終了し、ほとんど人影は消えていた。
外国人旅行客が、会場前を通り過ぎる。
漢字の読めない方にとって 
どんな催しものがあったのか、わからないだろう。

帰宅してから夜のニュース番組を見る。
式の様子が放送されていた。
新天皇は、平成天皇の思いを引き継ぎ、お言葉を述べられていた。
日本人の良心の象徴のような方だと思う。
よかったと思う。
---------------------
親戚で戦争に行った人が4人いた。
そのうち2人は 帰らぬ人となった。
小生の叔父さんと伯父さん。
帰ってきた遺骨の木箱を開けると、
石ころが一個入っていたという。

「戦場の石を持ってこられるくらいなら、遺骨を持ってこられるだろうに・・・」
「どこの石かわかりゃしない」と、憤慨していた。
戦後 連れあいをなくした叔母・伯母は、
苦労し子供を一人前に育て上げたが、
会うと、いつも明るくしていた。

しかし、靖国神社にも、千鳥ケ淵にも 行かなかった。
その叔母・伯母も もうこの世にいない。

この人達に、突き動かされたのだろうか?
「お前、ちょっと見てきてくれ・・・・」と。
スポンサーサイト



  1. 2019/08/19(月) 11:52:15|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月15日 九段坂 | ホーム | 8月15日 皇居・東御苑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1464-9b24e243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR