FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

小さな庭の怪しい植物      マミヤプレス-Super23 で撮影 

梅雨のころ。
細かな雨が降り 散歩できない日が続いていた。
小さな庭にも雨は降り、
水滴が庭石と葉を濡らしていた。
マミヤプレス-Sは簡単な構造。
レンズは固定式、蛇腹を使ったあおり機構もない。
その分 少し軽い。普通に撮るならこれで十分だが、接写撮影はできない。

暇だ。
もう少しアップで撮ってみようと MamiyaPress Suer-23を取り出す。
庭石と怪しい植物が 鬩ぎあっているようにも感じた。
怪しい庭の植物1214-1
バックの蛇腹を伸ばし、約50cmまで近づいて接写撮影。
白黒のコントラストを付けたかったのでオレンジフィルター(YA2)を使用して撮影した。

白黒のコントラストの大きな写真を撮りたかったら、
①フィルムを替える(オルソタイプのフィルムにする)
②現像液を替える、(軟調現像液を硬調現像液に)
③フィルターを替える、(黄色から赤色へ)
④露光をコントロール(少な目に露光し、現像を押す:増感現像)
フィルムで撮影するなら それぐらいの選択肢しかない。
Acros100フィルムを使っているが、現像液は(Ⅰ)液を使っている。
トーンをコントロールするとしたら 残された手段は③と④しかない。

Acros100フィルム 既に生産は終了。
今後入手できないフィルムのテストを行なっても、何にもならないと、
それ以外の現像液の現像データは作らなかった。

しかし、ネットを検索していると、
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1189352.html
「富士フイルム株式会社は6月10日、
黒白フィルム「ネオパン 100 ACROS II」の開発を発表。
2019年秋に35mmサイズとブローニーサイズを発売予定としている。
販売価格は未定。」

の記事を見つける。

まだ10箱ほど120フィルムは冷蔵庫の中にある。
価格が安ければ 使うことになるだろう。
そうであれば、現像実験して、現像データを作る。

安くなかったら、Acros100を卒業。
現像液のデーターがそろっているRetro80SやRetro400S, Rollei赤外400を使うことになるだろう。

この秋の「ネオパン 100 ACROS II」を 楽しみにしている。

スポンサーサイト



  1. 2019/07/19(金) 14:39:35|
  2. 黒い花 怪しい花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小さな庭の怪しい植物          ピクトリアリスム写真時代の技法で | ホーム |  小さな庭の怪しい植物      マミヤプレス-S で撮影      >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1447-0430143c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR