FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大崎近辺を歩く

外出が億劫になったら、駄目だろうと、カメラを持って散歩する。

30数年前、ここに郵政省の複合施設「ゆうぽうと」ができる。
随分立派な建物ができたと喜んでいた。
一度 部屋を借り、小学校時代のクラス会をしたこともある。
大崎1210-22
それが、数年前 フェンスで囲まれ、解体し、更地となったと思ったら、有料の駐車場になる。
建物として使われたのはわずかに30年くらいだろう。
コンクリートの建物の寿命はそんなに短いものだろうか?
もっとも、当時は郵政省だったが、もう郵政省はない。

すぐに、下種の勘繰りをしてしまう。
「ゆうぽうと」設立の趣旨は 表向き、至極立派だったのだろうが・・・・。
裏の(本当の)動機は、郵政省の役人の天下り先の箱物。
しかし、できたは見たが、小泉首相の郵政改革で郵政省は解体してしまう。
今は、赤字を補填してくれる親方はもういない。
(役人の)一場の夢だったのかなぁ、とそんな邪推をしていた。

有料駐車場を運営する会社の利益優先で貸しているとは思えない。
この場所、次は何に利用しようとしているのだろう。
大崎1210-27
住所表示からすると、ここは五反田に入るらしい。

郵便番号を作るとき、区割りを変更し、町名を変えてしまったところも多い。
歴史を残す地名が変更され、無味乾燥な町名が都内に沢山ある。
もうすこし、コンピューターの発達に気づいていたら、昔の町名はそのままにして、
郵便番号を振っても、何の問題もなかったろうとおもう。
最初の7桁の数字で、都道府県の町名まで含まれている。
町名は変える必要がなかったはず。
お達しに従え、役人は間違わないと、上から目線の組織は 解体されてしかるべきだったのだろう。、
大崎1210-28
目黒川沿いのこの場所は、小さな町工場とその工場で働く人の住居が混在するところだった。
クラスメートの中には この場所に住んでいるものもいた。
いまは、再開発され、モダンな高層マンションが建つ。
30数年後、ここが、「ゆうぽーと」のようにならないことを祈る。
(そのとき、小生がここに立ち、写真を撮っていることなど できるはずもない)
大崎1210-33
昔からの大崎の住宅地。(といっても大正時代ころからの)
新興のタワーマンション地区には犬が、そして、このあたりは 猫をよく見かける。
どうなっているのですかねぇ?
スポンサーサイト



  1. 2019/07/01(月) 22:30:23|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<池田山公園の鯉 | ホーム | 新橋にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1439-cd380c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR