FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

どのように見るか、その方法によって 見えてくるものが変わる

新宿西口で撮影したもの。
新宿西口1201-41
フィルムを 軟調な(Ⅵ)現像液で現像し、暗部のディテールを出した後、
硬調な(Ⅳz)現像液で、更に現像し、抑え気味だった明るい部分の濃度を上げるようした。
新宿西口1210-7
暗部を黒潰れさせず、明るい部分も白飽和させない。
全体のコントラストは軟調現像で行なったものより高いネガになる。
写真を始めた50年くらい前、微粒子で階調の豊かな こんな写真を作ることが、一つの目標だった。
ようやく その方法を見つけた(できるようになった)と思ったが、
今となっては、たいしたことではなくなった。
デジタル・レタッチでトーンは簡単に調整できるから。
しかし、
新宿西口1201-38 Ⅱ
まさか こう撮れるとは思わなかった。
考えてみたら、Rollei Retro80Sフィルムは、赤外部まで感光領域が延びている。
こう撮れてしまう可能性はある。
暗部を潰さない(Ⅵ)で現像し、その暗部にコントラストを付ける(Ⅳz)現像が、
肉眼では見えないが、赤外光では見えている被写体の暗部のディテールを出してしまう。

長辺800ピクセルに縮減したものでも、ディテールはわかる。
200ピクセルに縮減した。
ソニーのビデオカメラで、赤外線による盗撮映像が ネットに出ていたことがある。
メーカーは それに気づき、防止するようビデオカメラを改良したという記事があったことを思い出す。

赤外線フィルターを付けて撮影したわけではないが、(UVフィルター)
布地の種類、赤外光の反射率の違いに、目に見えていなかったディテールが 見えてきてしまう。
Retro80S,Retro400Sあるいは赤外線フィルムを使い、
光を読み、自家現像、二段現像ができないと、このトーン、記録できないとは思うが、
悪趣味にならないように しなければ・・・・・知性、品格が疑われることになるだろう。
スポンサーサイト



  1. 2019/06/29(土) 19:57:41|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新橋にて | ホーム | 見えることは 見る手段に依存する。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1437-a7473cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR