FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

つわぶき・怪しい植物  練習、練習・・・・フィルター効果

同じ「つわぶき」でも どう撮るか工夫すれば トーンの違ったネガができる。
違ったトーンのネガを作ってみたいと、
立ち止まり、考え、工夫していることは、単なる技術的なことがらに過ぎない。
技術は進歩する。
昔はプロか高級アマチュアしか撮れなかった/試みなかった 花の接写が、今は、簡単に撮れるようになった。
技術の進歩だろう。
その進歩を享受し、最適なカメラを手に入れれば、それで解決するだろうに、なにをわざわざという気はある。
まぁ 性分だから仕方ない。

もともと「黒い花、怪しい花」を撮ってみたい気持ちはあった。
35mmフィルムのカメラで撮るつもりで、花にカメラを向けていたが、
マミヤプレスに出会い、改めて、このカメラで「怪しい植物」を撮ってみたいと思うようになった。
古く使いにくいカメラだが、使いこなせなければ 出発点にも立てない。
工夫あるのみ、まずは練習。
マミヤプレスの限界まで引き出したい。

フィルター効果の違いを確認。
つわぶき1203-7
普通の蕗に比べ、つわぶきは表面に光沢があり、肉厚だ。
UV(あるいはフィルターなし)のほうが 実際の印象に近い。
つわぶき1203-10
R2フィルター(赤)を通して撮影すると、光沢は消え、葉脈が明るくなり、葉の肉厚感は少なくなる。
この効果の差を、写真表現として、どう生かせるか?
そこが、最大の課題だろう。
でも技術がなければ、議論にも課題にも表現にも 繋がらないのはたしか。
こんなテストを繰り返しながら、自分で自分を鍛えていく、
そんな過程を 踏める/楽しめる のもフィルム写真だからだろう。
 
スポンサーサイト



  1. 2019/06/08(土) 10:08:27|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<むさしあぶみ   怪しい植物を求めて 赤外線フィルム トーンをチェック。 | ホーム | つわぶき・怪しい植物  練習、練習、練習・・・・デッサンのようなもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1422-9e1decc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR