FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

西大井

見てもらうような写真ではない。
単に柵に囲まれているだけ。
西大井1196-9
でも 小生にとっては、感慨深い場所。
塀のなかには嘗て日本光学の工場があった。
小生の使っているNikon FやNikon SP  それにNikomart FTnもこの工場で作られたもの。
Nikon FやNikon SPを使って50年以上の時がたつ。
未だ 厭きもせず、手放そうともせず、大事に使っている。
故障すれば、修理してもらうため、何度かここにあったサービスセンターへ来ている。
西大井1196-10
工場が壊され整地されているのを知ったのは去年。
故障したので直そうとしたが、
機械式カメラは、もはやニコンでは修理を受け付けいていない。
ネットを探すと、ニコンOBの人達が作った会社で修理できることを知った。
場所は ニコン工場の近く。
頼むため、散歩がてら 西大井を散歩したときだった。
西大井1196-17
ここにニコンの工場があるのは 子供のころから知っている。
小学校、中学校のクラスメートの中には この会社に就職し、この工場で働いていた人もいた。
中学のクラスメートの中には、役員の息子もいた。
(出来たばかりのNikon F 50mmF:1.4付を・・・父親のもの・・・持ってきて見せてもらったこともある)

どんどん変化する。
あの工場群は 何処へ消えたのか?と思う。
キャッチーな映像の氾濫する時代にはなったが、
Photograph そのものは衰退していくのかも。

一種の挽歌(挽写) 
この工場で作られたNikon SPとNikkor 28mmのレンズで、
日本光学の工場「(荒城)の跡」を撮影してみた。
NikonSP DSC03987
もう 50年以上の付き合い。
使い良さと、この描写力 充分満足している。

一時、デジタルを使ってみたが、面白さが違う。
デジタルは うまく使えばいいだけ。
きれいに撮れるが、工夫して撮ったという面白さを実感できない。
デジタルには戻れないなぁと思う。

小生が写真を撮っていられる期間も それほど残っているわけではない。
しかし、あと一年分のフィルムは 既に確保し、冷蔵庫の中。
常に買い足して在庫量を確保(一年分)すれば、どうにか この趣味 続けられるだろう。
それでいいではないか と思っている。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/18(土) 18:46:36|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<異界を覗く?  | ホーム | 自然の都心  都心の自然>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1409-1309177a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR