FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

夜桜 デジタルカメラで撮ってみた

重いマミヤプレスと三脚を抱え、仙台坂上に咲いた一本の桜を撮ったとき、
小型軽量なデジタルカメラ Sony NEX-3をポケットに入れて持っていった。
それで 試し取りしてみた。
夜桜DSC05097
撮像素子はAPS-Cサイズ 中判フィルムのネガサイズに比べたらと、極めて小さい。
それでも画質は1600万画素を誇る。
ブログにアップして見るだけなら・・・・おそらく四つ切程度に伸ばしても、
デジタルのほうがきれいかも知れません。
撮影も至極簡単、ISO感度設定はカメラに任せ、撮影モードはPに設定、
手振れをさせないようガードレールに肘を乗せ、液晶画面を確認して、何回かシャッターを押した。
その中から、手振れなしの写真を探しただけ。

確かにフィルムカメラより 使い易くなっている。
写真は結果が全て。
どんなカメラで撮ったか、老人が撮ったか、子供が撮ったか、女性か、フィルムかデジタルかは問題にならない。
それが写真。

平成の世にデジタルカメラは生まれた。
平成から令和の世になり、デジタルカメラは更に進化を続け簡単になる。
カメラにAIが繰り込まれ、インターネットを通じ双方向で情報が入り、
失敗は減り、質の高い写真が撮れるようになるだろう。
そのとき 人は、デジタルカメラをどう扱い、どう使いこなすのか?
簡単にできることに、人は重きを置かなくなる。
たとえ綺麗な写真を撮ったところで、
沢山あるなかの一つ、こんなの誰でも撮れるさと、ぞんざいに扱われ、記憶に残らない。
誰もが認める写真を撮りたいとなれば、
過激な演出を施した写真を「作る」誘惑に駆られる。
それは劇薬、麻薬のようなもの。
写真の原点に もう一度立ち帰ったほうがいいように思うのだが・・・・

Photograph is over。 にならないことを祈るのみ。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/01(水) 19:37:01|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夕方の散歩 戸越公園にて | ホーム | 統一地方選挙の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1402-d0f77f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR