FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

天王洲アイル     景観・構造物として撮ってみる

大崎から、目黒川沿いに河口をめざし、荏原神社を通り、東品川海上公園へ行く。
そして運河伝いに天王洲へ、更に品川港南口のビジネス街へ向かう。
あるいは、天王洲から、北品川の船だまり、旧東海道の商店街を抜け、御殿山に登り、大崎へ戻ることもある。
そんな散歩を 年に二三度する。
江戸時代、品川宿近くにはお寺さんが沢山建てられた。
旧東海道沿いは、商店街となり、下町の情緒が残っている。
新たに開発された、品川港南口のビジネス街や、天王洲地区には 近代的な高層建築が並ぶ。
海に広がる天王洲地区のスペースは開放的。
港南口のビジネス街とまた違った景観をつくっている。
今まで撮りためた写真をまとめたら、この地区の多様性が はっきりするのではないだろうか。
景観と、そこに集まる人がかもしだす雰囲気 どちらも需要な要素だろう。
そんなものが記録できたらいいと思う。
天王洲アイル1191-29
観光スポットを目指している。看板が設置されていた。
天王洲アイル1191-30
この広い壁には、お相撲さんが描かれていた。
去年 この前を通ったとき、その絵が消されているときだった。
その上にこの絵が描かれていた。
この壁画も 何年か後消され、次の絵になるのだろう。
天王洲アイル1191-33
ビジネスに停滞はない。
停滞したら市場から淘汰されるだけ、大変なものだ。
天王洲アイル1191-42
10年後どうなっているか? 
確かめようもないだろうけど。

スポンサーサイト



  1. 2019/04/24(水) 10:17:00|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒いチューリップ | ホーム | 天王洲アイル     土曜午後の雰囲気を撮りたくて    >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1398-a02ed811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR