FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

怪しい植物が撮りたくて             習作1

ひそかに 植物を撮りたいと思っている。
それも怪しい植物を。

それは 一年間 一本の百日紅を撮り続けたときから、心に芽生えていた。

花の接写写真は、一眼レフが普及したころから、アマチュアでも撮るようになったが、
かなりの写真好か、どうしても撮りたいという一部の人が撮影してきた分野。
マクロレンズは高価だったし、接写リング(安価)を付けて撮影するとなると、操作する技能も必要。
敷居は高い。
デジタルカメラになり、マクロのついたズームレンズが一般化すると、
コストもかからず簡単に取れ、だれもが気軽に花の接写を楽しめるようになる。
美しい花の写真が、氾濫してきた。
今になって小生が頑張ってとったところで、それらは既に誰かが撮っている。
手垢のついたような写真は もううんざり、撮るまでもないと 思ってしまう。

それならばと・・・・・ひねくれ老人の考えることは・・・・・汚い花、怪しい花、不気味な樹木を 撮ってみたいものだ。
常識で凝り固まった写真を破壊し、EvokeできるPhotographをと、
志が高いようなことをいうが、実際は、老人の偏見とねたみのようなもの。
社会の一線を離れ、年金暮らし。
戸越の里の侘び住まい。
人様に迷惑をかけなければ、勝手気ままに何をしてもOKだろう。
怪しい植物1188-2 solarizationⅡ
家の植え込みの八手の新芽が膨らみ、次の新しい手を広げようとしていた。
その生命力、形は不気味だが羨ましい。
-------------------------------
Acros100フィルムを使って撮影。マミヤプレスの蛇腹を伸ばし、約50cmまで近づきピントを調整。
GN22のストロボを焚いています。バックの明るさを考慮しシャッター速度を選んだ。
現像液は(Ⅰ)を使用、現像途中でフィルムを光に晒し、ソラリゼーション現像をしています。
スポンサーサイト



  1. 2019/04/13(土) 10:15:27|
  2. 黒い花 怪しい花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<怪しい植物が撮りたくて             習作2  芍薬婦人 | ホーム | 仙台坂の桜 (大井町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1391-2e630c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR