FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

仙台坂の桜 (大井町)

大井町の仙台坂上の交差点に一本の桜がある。

撮ってみたいと思ったが、大きなマミヤプレスを抱え、写真を撮っていると、
好奇の目に晒されるようで、居心地がわるい。

夜なら 闇に紛れ、どうにかなる・・・・と、マミヤプレスを肩に、三脚を片手に持って、仙台坂へ。
仙台坂1187-2
桜は満開、散り始めていた。
仙台坂1187-1
立ち止まり、写真を撮ろうとする人は小生だけ。
交差点を渡ってくる人は、
三脚にセットされた大きなカメラを見ても、
置かれているだけと・・・・格別な興味を示さず通り過ぎていく。
長時間露光。 その間、小生はカメラから離れて立っていただけ。

次の日、35mmのレンジファインダーカメラを首からぶら下げ、勝島運河を散歩。
その帰り道、仙台坂の桜を思い出し、鮫洲から大井町駅をめざし、仙台坂を登る。
仙台坂1189-41
前日 マミヤ・プレスに付けていたレンズは50mm 中判カメラなので35mmカメラでは21mmの広角レンズに相当する。
カメラについているのは 昔風にいえば標準50mmのレンズ。
これで広角レンズ風に撮ろうと思えば、パノラマ風写真。
あらかじめ上下をトリミングするつもりでフレーミングした。
錯覚を利用しています。
仙台坂1189-43
35mmの広角レンズで撮ったように感じませんか?

レンズは おそらく1951年ころ製造された、ライカのズミタール50mm F:2 。
その後、ライカの評判を決定づけた、
ライカM3と空気をも撮ると宣伝されたズミクロンレンズ(1953年)が 発売される、ほんの少し前のレンズです。
六角絞りで、レンズにはコーティングが施されています。
個人的には、このレンズがオールドライカのレンズでは、なんとなくいい。気に入っています。

おそらく、ズミクロンとズミタールという限定で 同じ被写体を撮り
四つ切程度に伸ばされた写真を見せられたら、それを見分けること・・・・できるか?おそらく できないでしょう。
弁別できるほどの「レンズの眼」を小生は持っていない。
それでも、なんとなくズミタールがしっくりくる。
撮って これで駄目ならしかたないと思ってしまう。
レンズの好みとは この程度のことかも。


スポンサーサイト



  1. 2019/04/11(木) 11:36:47|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<怪しい植物が撮りたくて             習作1 | ホーム | 戸越の桜(4)      夜桜 Acros100 フィルム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1390-e6d64e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR