FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

夜桜

まだ七分咲きのころ撮影した戸越公園の夜桜。
夜桜1182-2
ブローニー 中判フィルムの画質は、35mmフィルムの質をはるかに超えている。
4つ切りまで伸ばすと、画像の緻密さ、被写体の質感は 明らかに違ってくる。
何かを伝えるドキュメンタリー性を追求するなら、
フィルムのフォーマット(大きさ)に気を使う必要はない。
撮影目的にあった、使いやすいカメラを選べばいい。

写真そのものに「美しさ」を求めるなら、大きなフォーマットは魅力的。
マミヤプレスで撮ったネガを、PCに3200Dpiで取り込むと、約7000万画素のデジタルデータになる。
ブログに載せるため、わざわざその画像を約50万画素に縮減している。
ブログは 写真の美しさより、伝達性、コミュニケーションの道具、
こんなことがありましたというドキュメント性が大切なので、それでいいのでしょう。
でも、せっかくきれいに撮れたのに・・・・と割り切れない気持ちもある。

写真を見たいなら、大きくプリントし、手にとって見るのが、いいのですが・・・・
この頃は、量販店のプリント用品売り場も、活気を失っている。
画素数200万程度のフォトフレームや、スマホの画面、PCモニターで満足しているのだろうか?

撮った写真どうしているのでしょう?
4Kや8Kのテレビ放送が始まり、
4Kや8Kのモニターが廉価に販売されたら、
デジカメで撮られた1000万画素以上の写真を、
壁掛けTVなどで観賞するのは頷ける。
おそらく主流になるでしょう。
デジタルの時代になり、写真の分岐点にいることは確かです。
紙で観賞したCMY(反射光)から、電子機器を使ったRGB(透過光)へと、
観賞スタイルは変化していく。・・・・反射か透過で、世界を見る目は変化するはず。
どうなるだろう?・・・・・よりevoke・・・・・・どぎつくなるだろうなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2019/04/02(火) 15:41:41|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戸越の夜桜     試みはいいが・・・・結果は伴わない。 | ホーム | 目黒川の桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1382-0316fa22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR