FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

野分 のあと(後、跡、痕)

16日未明から早朝、台風26号が関東をかすめ、東海上を抜けていきました。そのため、伊豆大島は甚大な災害に見舞われてしまいました。同じ東京都でも、区部の方は、鉄道の一部に支障がでただけですぐに復旧し、それほどの被害も出ませんでした。上陸していたら、大変な惨事になっていたでしょう。
台風が過ぎ去った午後4時過ぎ、林試の森公園を散策。
野わけDSC01908
風にちぎられた枝が、あたり一面に散乱していました。野分・・・ふと古い日本語を思いうかべていました。まだ死語ではないでしょう。源氏物語にも出てきた由緒正しい言葉です。遥か昔、高校の古文で習った記憶があります。
大風というより、野を分ける風(のわけ)のほうが雅語・・・しかし、そこに 野ざらしがあったら・・・昔はすごい光景が、日常的に存在していたのですね。言葉の裏、光景の影に隠れているものを、はっきりと聞こえ、見ることができる感性・・・それが大切なことと 思っています。
もっとも、この落ちた実、野ざらしではないけれど・・・
野わけDSC01924
デジカメはソニーのNEX-3 純正のE18mm F:2.8のレンズがついています。まだ、カメラをコントロールして撮影できるというレベルになく、カメラに撮ってもらっているという状態です。カメラ任せのPモードで撮影。フレーミングしボタンを押すだけです。付属の小さなストロボがあるので、それを強制発光させてみました。
狙い通り、スポットライトを当てたように 撮影できました。NEX-3 なかなか賢い。
野わけDSC01942
この付属のストロボ、発光量が小さいのですが・・・何のためついているのでしょう?こんなクローズアップ写真を撮る目的? かなりマニアチックな考えの人が、NEXの開発者のなかにいたのでしょうか。
少し広い部屋での夜間撮影では、発光量不足となります。
このカット、強制発光させませんでしたが、絞り、シャッター速度とも、強制発光させたカットと あまり変わりません。
野わけDSC01965
一瞬、台風一過の青空がでました。雲が流れていきます。
まだ、風の残る空を、カラスがわめきながら 飛んでいました。
スポンサーサイト



  1. 2013/10/20(日) 10:06:17|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<華の盛りは・・・過ぎて 戸越公園の百日紅 | ホーム | お会式(おえしき)>>

コメント

写真って?

Alchemist様

写真って一体なんでしょう?と思う日々です。記録写真でいいと思っていたのですが欲が出てきて撮ってきた写真を編集したりしてなんだかわからなくなっています。

こちらのブログの写真に感じ入りました。林試の写真もいいですがお会式の写真はこういう撮り方があったのですね!

また拝見しにきます。

ありがとうございました。
  1. 2013/10/20(日) 10:56:46 |
  2. URL |
  3. 水瓶座 #eBF3l.iU
  4. [ 編集 ]

楽しい瞬間はすぐ去っていきます。こんな楽しい瞬間を、留めておきたいと思うのは、素直な感情。3.11の津波に流され汚れたアルバムを、ボランテアの方たちが必死になり修復し、持ち主に渡すニュースを見たことがあります。他人が見たらたいしたことないアルバムでも、当人には、かけがいのないもの。写真は記録性が重要な要素。
写真は、その移ろい行くものを捉えることができると理解しています。身内の写真でも、そこから個人の要素を削り落としていけば、そう、そうなんだよねと共感できる作品になると思っています。
身内の写真をブログに載せるほどの作品を作れるレベルではありませんが・・・そう感じています。
  1. 2013/10/21(月) 09:28:39 |
  2. URL |
  3. 錬金術師 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/138-028ec012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR