FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

白山から上野まで(2)     谷中から上野へ

白山から谷中へ、そして上野を目指した。
谷中から上野1176-119
谷中銀座 有名な夕焼け段々を登ったところ。
昔は遠く富士山が見えたのでしょう。
それとも この富士見ホテルに泊まれば、今も窓から富士山を見ることができるのか。
店の名の「おち”さん」をuncle shopと訳しても 外国の人には質屋だと分からないでしょう。
Uncle's Pawnshop と書かないと・・・・それにDuty freeてなんのこと? 質屋で免税品販売しているのでしょうか?
確かに 谷中銀座 外国の観光客が沢山来ていました。
谷中から上野1175-3
春のうららかな日差しに、墓石のふちに腰を掛け、うつむく若い女性。
なにか大きな個人的なドラマを心に抱え込んでいるのかも、
小生は 通り過ぎるのみ。
谷中から上野1175-9
霊園からスカイツリーまで それほど離れているわけではない。
50mmくらいのレンズで捉える画角です。
谷中から上野1175-6
仏花を下げて通り過ぎる人を待ったが 3分待っても、現れない。
まだ 上野まで道は残っている。
記録だけはしようとシャッターを切りました。
谷中から上野1175-12
上野 池之端。
新しいパンダ園を作るので工事中。
このレンズなら ゴーストはかなり抑えられるだろうと、太陽にレンズを向けシャッターを切る。
-----------------------------
(Ⅵ)現像液を使った希釈・放置現像法、問題なく現像でき、破堤しない。
これなら 使ってもいいように思う。
スポンサーサイト



  1. 2019/03/23(土) 21:40:49|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白山から上野まで(3)     不忍池へ        | ホーム | 白山から上野まで(1) お彼岸の入り    (Ⅵ)現像液 希釈 放置現像    >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1373-78ba6401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR