FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

お会式(おえしき)

日蓮聖人が入滅された日にちなみ、入滅の地、池上本門寺では、10月12日(土)万灯練り行列が池上の町を練り歩きます。近くに住んでいながら、まだ一度も観たことがありませんでした。
蒲田に住む 彩遊の会員に誘われ、その「お会式」の万灯行列を撮ってみました。
この日のため、増感現像のテストをしていたようなものです。カメラはNikon SP レンズはコシナ製 Nokton 50mm F:1.5 フィルムはTri-X。
4倍増感現像することを前提に、使用しました。
お会式582-8
池上線、池上駅前です。万灯の出発地点は2箇所。駅前は通過地点の一つです。ここからずっと、山上の本門寺まで行列は続いています。
幼いころ、大崎の立正大学から、列を組み、うちわのような太鼓をたたいて、第二京浜国道を行進する一団を見た記憶が残っています。ようやく記憶がつながりました。お会式だったのですね。
お会式582-6
激しく振り回す纏を撮影しようと、コンビニの明かりをバックに撮影。纏は黒いシルエットになってもいいと、シャッター速度を1/125秒にしましたが、絞りを開けて1/500秒で撮ればよかったと、現像してみて反省しています。
お会式581-12
1/125秒で撮影。少し露光不足でした。これは、もう1段絞りを開けるべきでした。
お会式582-13
万灯です。火消しが纏を振って万灯を先導することになっているようです。
お会式582-22
小学生とおぼしき火消しもいました。
お会式581-17
交代して纏を振っています。太鼓をたたく人、万灯を引く人、笛を吹く人・・・
お会式581-14
お会式に参加しているという誇らかな顔/行進を楽しむ顔、善男善女のつどう楽しい行事でした。
来年は、本山まで登って、撮ってみようと考えています。
スポンサーサイト



  1. 2013/10/18(金) 12:29:25|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野分 のあと(後、跡、痕) | ホーム | とびたちかねつ 鳥にしあらねば >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/137-7d486d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR