FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

銀杏 公孫樹 いちょう

「銀杏」をいちょう と読んでも 「ぎんなん」だろう、食欲に関係してしまう。
「公孫樹」を、いちょうと読んでも「こうそん樹」 なにやら 偉そう。
孫の代にならないと実がつかないことからそう名づけられたらしい。(中国語 由来)
いちょう は平仮名だから・・・・
止まった蝶(てふ)の羽が、いちょうの葉の形に似ている。
い(る)てふ(蝶)がなまり 「いちょう」となると勝手に早合点。
和語(やまと言葉)かと思たが、どうもそれではないようだ。
中国語の発音のなまったものという説が定説になっている。

銀杏でも公孫樹でもない「いちょう」が撮りたいもの。
定説に当てはまらない、独自の「いちょう」が撮れないものか・・・・
手垢に汚れたありきたりの「美しい いちょう」でなくとも いいではないか。
誰も捉えたことない「いちょう」の写真撮れないものかと・・・・
この頃は、いちょうの樹を見ると、シャッターを押している。
銀杏1167-8
荏原神社近く、品川図書館脇にある小さな神社の「いちょう」、過去にも何回か シャッターを切っている。
銀杏1167-5
気根?なんですかね。
狙いは ここでしょう。
大崎1166-10
大崎 居木橋近くにある清水稲荷神社の「いちょう」。
ストロボを発光させ撮影しています。
大崎1166-9 a
どう撮ったらいいのか・・・・思案中。それが楽しい。



スポンサーサイト



  1. 2019/02/18(月) 12:48:17|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<菜の花 | ホーム | 影 陰 翳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1358-6a69d5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR