FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

フィルムの眼 フィルター効果 現像効果

Retro400Sフィルムで撮ったもの。

二段現像で トーンをコントロールし、やや硬調に仕上げたつもり。
フィルター効果、現像効果1164-28
R60 赤フィルターをつけて撮った。
空は暗く落ち、まるで赤外線写真のようなコントラストになる。
ただし、樹の葉や前方の草は、あまり白く写っていない。
このトーン なかなか出せない。いいと思う。
フィルター効果1164-7
レンズには、保護目的でUVフィルターをつけている。
UVフィルターでは 空は暗く落ちない。
彼岸桜が咲いていた。
Retro系のフィルムは 豊かなトーンのフィルム。
二段現像でトーンを少し縮減し、コントラストを上げたが、それでも白飽和も黒潰れもない豊かなトーンになっていると思う。

50年ほど前の雑誌に、UVフィルターなどつけると、ガラス面の反射が増えコントラストが低下するという薀蓄が載せられていたが・・・・どうなんでしょう?
写真を始めた頃 その薀蓄を信じ使ったが、
使っているうち、どうもその差を感じない、
そのうち、フィルターをつけるようになっていた。
当時よく使った35mmレンズには今も拭き傷が残っている。
エビデンスの不明な薀蓄は要注意。
フィルター効果、現像効果1164-18
R72 赤外線フィルター まるでNDフィルターのようなフィルター。
透かしてみるが、ほとんど暗く見えない。
可視光をカットしているので肉眼で見えないのは当たり前だろう。
撮ると、コントラストの上がった写真になる。
左は 木蓮。ようやく白い産毛の蕾が膨らみだした。
右は 花梨らしい。黄色い実を付けたまま、葉は落ちている。
綺麗な写真というより やや異様な写真になってしまった。
今年 また区役所前の白木蓮 撮ってみる??
まだ 試していない撮り方あっただろうか?と思う。

スポンサーサイト



  1. 2019/02/03(日) 08:28:55|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月を追って | ホーム | 林試の森 Retro80Sフィルム (Ⅰ)現像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1350-54852e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR