FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

エイリアン? 擬態?   自然観察園・・・の蜘蛛

もう少し、露光バランスを考え、さまざまな条件で撮影しておくべきでした。

蜘蛛580-13
現像があがりネガを見ると、ほとんど透明のフィルムの上に黒い銀が濃く乗っている。普通、ネガを見れば、何が写っているかすぐ分かるものだが、何が写っているかイメージがわかない。前後のカットから、自然教育園で撮影したものである。教育園には、マクロレンズとストロボを持って行ったが・・・
スキャナーで取り込み、プリントすると、不気味姿が現れた。
不気味で、気持ち悪いが・・・なぜか惹かれる。小生の感覚、少し狂っているのだろうか?
撮った本人が、意外な結果に驚いている。(これだから、写真は面白い・・・と心の中でつぶやいている)
Micro-Nikkor 55mm F:2.8に接写リングをつけ、当倍で撮影、レンズの先からこの物体までの距離は4cmくらいだろうか。ストロボを焚いている。暗い木陰である。シャッター速度1/60秒で撮影しているので、背景は暗く落ちている。
別のカット。
接写リングの何枚かを外し(倍率は1/2倍程度)別のアングルを探し、シャッター速度を加減し撮影すると、何を撮ったか、はっきりする。
蜘蛛580-15
蜘蛛が嫌いな人にとっては、嫌だろうが、正体が判明すれば、心が乱れることはないでしょう。

天上にあって、美しい織物を織っていた女性が・・・何の罪で地上に落ち、こんな姿で糸を紡いでいるのか?
そう思えば・・・「怖ろしいは素敵、素敵は怖ろしい」・・だろうなぁ。 もう少し、蜘蛛を撮り続けることになりそうです。最初に感じた「それ」をやはりネガの上に定着したい。
スポンサーサイト



  1. 2013/10/16(水) 07:16:03|
  2. ???
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とびたちかねつ 鳥にしあらねば  | ホーム | 銀座 散策・・・ちょいの間 撮影>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/135-db436961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR