FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

戸越八幡 初詣

膝の痛みも ほぼ癒えたので 重いマミヤプレスを肩に下げ、近くの戸越八幡へ。
三箇日も過ぎたので、境内は日常を取り戻し始めていた。
八幡神社1160-9
撮影に使ったレンズは50mm。
いつも使っているフィルムカメラなら21mmの超広角レンズに相当する。
開放絞りF:6.3とかなり暗いレンズ、ISO:100フィルムだと、手持撮影が可能な場面は限られる。
これもぎりぎりの光線状態。
フレーミングし、いいと思ったら更にグッと一歩前に出て撮る。
これが広角レンズの基本的な使い方・・・・とはいうが、
マミヤプレスのように大きなカメラで更に一歩前にきたら誰もが「おや」と警戒する。
スナップに向いたカメラとは言えない。
小さくて目立たないコンパクト・デジカメが スナップ向きのカメラだろう。
しかし時代はどんどん進歩、
スマホのたぐいのほうが、スナップに向いているだろう。
誰もが携帯電話を持つ時代、思い立ったら すぐその場で撮影する。
おいしい料理をみればその場でカチャと撮影、それをインターネットに上げる。
スナップ撮影は日常化している。

量とらないと、いい瞬間を捉えたスナップ写真は撮れない。
フィルムカメラで日常をスナップする・・・・そんな時代は終わっている。

一本のフィルムで8カットしか撮れないマミヤプレス、
大きく目立つし、フィルムのコストを考えてもスナップ向きではないだろう。
スポンサーサイト



  1. 2019/01/08(火) 09:11:20|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<洗足池にて | ホーム | お撮り初め(おとりぞめ)・・・・さてどんな年になるのでしょう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1330-46647d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR