FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

焼きこむか、焼きこまないか・・・・

この10年間、 「散歩にカメラ」で、写真を撮り続けてきた。
美しい風景を追って 遠くまで旅行したり、
夜討ち朝駆けの撮影や、
有名な催しものの会場を調べ、遠出までして撮影することはなかった。

右にいったり左にふらふら、近場の手の届く範囲で、
そのとき、その時、興味を持ったものにカメラを向けていた。

節操(志)がない、何かを「成す」という覚悟もない。
でも、単にきれいなもの、単にキャッチーなものを、追うのだけはやめようという、
変な「プライド」?だけはあった。
同じじゃつまらない。

見えているようで見ていないもの、
なんでもないと気に留めないもの、
面白くないとカメラを向けないものに、
カメラを向けがちになっている。
レンズの目、カメラの目、フィルムの目で、
も一度 見直そうとしているのかもしれない。

撮っていれば、考えることは沢山でてくる。
それが 楽しい。

二段現像したネガを使って、焼きこむか、焼きこまないかの 効果を検討している。
大井1158-31 Ⅲ
品川区役所前にあるステーキハウス。
焼きこんでみた。
大井1158-32
大井町の駅まできて、区役所の建物の方角を撮影。
浅くハイキーに仕上げた。
デジタルなら エッジ・ポスタリゼーション処理したようなトーンになった。

まだフィルム写真には、技術的にチェレンジする領域は残っている。
主体は人間、カメラではない。
デジタル・カメラより ずっと面白いし、楽しいと思う。

きれいな写真や、すごい写真を 狙わないなら、
フィルムカメラを手にされたらと思ってしまう。
ただし、少々ランニングコストは、かかります。

スポンサーサイト



  1. 2018/12/27(木) 15:41:10|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マミヤプレス  50mm レンズ | ホーム | 焼きこむか、焼きこまないか  それが問題だ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1327-c231bebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR