FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

夕刻の散歩 フィルムの眼を確かめる

夕刻 近くの公園を散歩する。
(Ⅳo)液と(Ⅱ)液による二段現像法で現像をしてみた。
今まで試したことのない組み合わせ、
どんなトーンのネガになるか興味津々。
これも「フィルムの眼」だろう。
エッジが立ち、今までとは違ったトーンになる。
戸越公園1157-8
戸越小学校の校舎が写っている。
その後ろには戸越公園が広がる。
この地は、細川藩の下屋敷跡、
小学校が作られ敷地は分断、戸越公園ができる。
戦後には大崎高校(都立)も作られた。
文庫の杜公園のある場所は、三井の文書館となったが、
やがて国文資料館(国立)となり、国文資料館の移設とともに、区の公園になった。
戸越公園1157-9
二年ほど前、叔母が94歳で亡くなったが、生前聞いた話では、
このあたり一帯は鬱蒼とした林で、子供心に入っていくのが恐ろしかったという。
叔母は下神明にある大間窪小学校へ通っていた。
戸越公園1157-10
文庫の杜から戸越公園へ入る。
まるで デジタル・レタッチでエッジ・ポスタリゼーション処理したような写真になった。
戸越公園1157-16a
数年前 一年間撮り続けた定番の百日紅を一枚。
トーンが これまでと 少し違う。

エッジが強調され、ポスタリゼーション処理されたような写真、
明暗さを強調した写真、
トーンの調子が 今までとちがうなぁと思える写真
その効果はまだ予想できない。
被写体の光の強弱、露光の選択、(Ⅳo)液と(Ⅱ)液の現像時間配分で、効果は変化するようだ。
この「フィルムの眼」が「カメラ・アイ」になれば、写真表現の範囲も広がるのだろう。
スポンサーサイト



  1. 2018/12/11(火) 11:14:34|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戸越の里から荏原まで | ホーム | フィルムの眼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1320-64e2ce0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR