FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

フィルムの眼

撮りたいものを的確に撮りたいとなれば、
「カメラに凝る、レンズに凝る、機材に凝る。」
それも致し方ないだろう。
最新のカメラほど機能は豊かになり、高度な撮影ができるようになっている。
その中から、自分に要求に合ったカメラ、レンズ、機材を選んでいく。
しかし、カメラ、レンズ、機材が、
写真表現の深いところにまで関与できるか・・・・となると、懐疑的な気持ちになる。
対象の捕らえ方がステレオタイプ(ありきたり)・・・・では、
何のため高価なカメラを、レンズを、機材を揃えたのかと思ってしまう。

被写体に対する理解、姿勢、志、が出てしまうのが写真。
きれいな人を、綺麗に撮ったからといって いい写真になるわけでもない。
シャッターを切るのは撮影者、そこに撮影者の知性も同時に写りこんでいる。
写真は怖いものだと思う。

フィルムカメラの世界は、自由裁量に任された部分がまだ沢山残されている。
実用感度はISO:400止まり、
モータードライブ(使っている人はいるか?)を使っても1秒4回程度が限界。
オートフォーカスレンズもあるが、今となっては新しい開発はないので、
現在のデジタルレンズから比べたら、低機能だろう。
しかし、それだから、撮る人の 感性、理性、知性が 試される領域が広い。
そんな負け惜しみ的な理由付けして、毎日フィルムカメラで 趣味の写真生活を楽しんでいる。
お堀1157-6
皇居のお堀で一枚。
このシュール感が、面白い。
(どうなるか、わからなかったが、「なにか」は撮れるだろうと一枚パチり)
----------------------------
別にデジタルを毛嫌いしているわけではありません。
TPO その場にあわせてデジタルで撮ることもあります。

クラス会のときはデジタルカメラを持っていきました。
自己満足で撮るなら 白黒のフィルムで撮りますが、
クラス会は自己満足の撮影会ではない。
集合写真には、きれいなカラー写真が求められている。
部屋の中の色温度は複雑、
ここは、カラーフィルムで撮るより、デジタルで撮るのがいい。
RAWで撮影しておけば、あとで色温度を調整できる。
やはり集合写真はカラーの時代になりました。
便利なものは 利用する。
カメラ、レンズ、機材を 上手に使うだけ。
それに溺れるのは・・・・・いかがなものかと自分に言い聞かせている。
スポンサーサイト



  1. 2018/12/10(月) 11:24:09|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夕刻の散歩 フィルムの眼を確かめる | ホーム | まだフィルムで遊べる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1319-65a19a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR