fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

まだフィルムで遊べる

デジタルになり、フィルムで写真を撮る人は少なくなった。
カラーフィルムをまだ使う人はいるようだが、
白黒フィルムになると、使う人はめっきり少なくなってきている。
ヨドバシやビッグカメラの暗室用品コーナーへ行くと、
毎年、少しずつ小さく狭くなり、置いてある商品の種類も数も減っている。
趣味で写真を楽しむなら、手間はかかるが、撮影から最後のプリントまで、
自らの手で行なえる白黒フィルムが 最適と思うのだが・・・・
そういう趣味人、いまは流行らない。
趣味にまで、効率を求める・・・それがご時勢だろう。

Retro80Sフィルムを使い撮影し、(Ⅳo)と(Ⅱ)の二つの現像液を使う二段現像を 今は楽しんでいる。
中央公園1158-29
品川区役所前の中央公園のこの林は、幾度となく撮影している。
既に2,3回、このブログにも載せたと思う。
しかし、現像液を変え、現像法を変えると、今までとは別もの・・・・違ったトーンになってしまう。
こんなトーンになるとは予想していなかった。
長辺800ピクセルに縮減しているので分かりづらいが、林の調子が変である。
等倍までモニター画面で拡大し、林の右上部分を切り出してみた。
中央公園 等倍Untitled-2
まるで絵画タッチ。
デジタルで作るなら・・・・優秀なレタッチソフトを使用し、エッジ・ポスタリゼーション処理すれば、
似た写真作れるかもしれない。
そのデジタル写真自体、優秀なデジタルカメラのOSによって作られたもの、
写真を撮ったというより、デジカメに撮ってもらったという感覚が残る。
更に、レタッチソフトを使って美しさ、キャッチーさを盛って写真を作るとなると、
撮った人の自由裁量はその写真にどれだけある/残っている、といえるだろう?
金太郎飴のような、綺麗な写真のオンパレードになってしまう。
これが、趣味なのかなぁ・・・・
レタッチソフトを使っても・・・これ(使い方)は自分の「オリジナル」と胸が張れればOKだろうが・・・・

趣味の世界に、他人任せにしてしまう「うしろめたさ」は厳禁だろう。
やはり当分の間、ストレートフォトのフィルムに拘りたい。
スポンサーサイト



  1. 2018/12/08(土) 13:19:50|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィルムの眼 | ホーム | 戸越公園  飛来した鴨 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1318-d194b5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR