FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

夏の残渣

雑誌をパラパラとめくる。青い珊瑚礁の写真が見開きいっぱいに広がる。プロの写真。さりげなくオメガの宣伝が載る。ページをめくる。ああこれもプロの作品だ。重厚なヨーロッパのホテルのロビーを、構図を決め、隅々までピンが出ている。三脚を立て、大型カメラで撮らないとこうは写らない。料理のクローズアップ、おいしそうだ。行きたくなる。旅行会社の説明が続く。綺麗な花のクローズアップ、小さく香水の宣伝が・・・
将に映像の時代、身の回りは綺麗な写真に取り囲まれている。自分の写す写真まで、影響を受けてしまう。
いつしか、美しいだけの写真を撮ろうとしている自分がいる。思わずフレーミングする。待て、それは、プロが撮っているだろう。それ以上のもの撮れるか? 十分じゃないか。もし、ほしいのならプロの作品を買えばいいと、我に返り反省する。
プロが取るこれらの写真は、クライアントの求めに沿って写されたもの。写真が勝手に語りだしては駄目。キャッチーで美しい必要があるが、でしゃばってはいけない。語るのは、あくまでも文であり、クライアントの意向に沿い飾る/購買意欲をそそる写真が求められている。
写真で飯を食っているわけでもないアマチュアは、自分の懐で撮っているのだ。もっと自由であっていいはず。でしゃばった写真、とんがった写真を撮ろう。
そう思いながら、お散歩中、「おやっ」と思ったものを撮影する。美しいだけの花の接写(クローズアップ)撮影は、性に合わないようである。いいねと思っても、それだけ、それ以上花は何も語ってくれない。(まぁ小生にその感性がないのでしょうが・・・)
残渣575-30a
美しい写真より、少々見栄えが悪くてもいいから、撮影者の手を離れ、勝手に語りだす写真を撮りたいものである。
スポンサーサイト



  1. 2013/10/06(日) 07:57:10|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<異空間を疾走する  ・・・どこへ | ホーム | 柴又・帝釈天・矢切の渡しを散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/129-b91f5c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR