FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

一駅散歩  森下から清澄白河まで

都営新宿線に乗り、森下で下車。
ここで大江戸線に乗り換えできるが、
地上に出て、清澄白河までの一駅散歩をした。
小名木川へでる。
小名木川1139-65
両岸は遊歩道になっている。
もし、観光で訪れるなら隅田川の遊歩道を歩くか、近くの清澄公園を目指す。
人影はまばら、地元住人の生活道路に近いかも知れない。
のんびりしていい感じだ。
小名木川1139-67
大崎の近くにもタワーマンションができたが、洗濯物はベランダに干せない構造になっている。
こういうマンションの感じ、嫌いではない。(好きだ)
生活感があって、ほっとする。
小名木川-ピクセル当倍1
対岸を歩く人をピクセル当倍で切り取ってみました。
フィルムを3200Dpiで取り込み、約1400万画素の画像にしています。
デジタルカメラなら、ごく普通か、少し小さい目のサイズの画像。
将来 4Kや8Kのモニターが一般化したら、
いよいよデジタルカメラの真価が発揮できるでしょう。
4Kモニターで見たら、この程度の判別はつく。
小名木川1139-68
そのとき、プライバシーの問題、でるかもしれませんね。
小名木川1139-70
デジタルカラーで撮影したら、マンションの広告にでも使えそう。
小遣い稼ぎに、撮った画像をインターネットで販売する人もでてきたようです。
面白い時代になったと思う。

でも、小生の写真は、白黒モノトーン。
広告写真にはなりえない。
クーデルカの言葉を重く受け止めています。
売ろうと思って、写真は撮らない・・・・アマなので、当たり前でしょうけど。
--------------------------
所用ができ、明日からしばらくの間、PCに触れません。
ブログの更新は 一週間後になるでしょう。
スポンサーサイト



  1. 2018/10/17(水) 11:56:52|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一駅散歩  勝鬨から築地市場まで | ホーム | 一駅散歩  新宿西口から新宿まで ・・・・あまりにも個人的な備忘録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1284-3ba6f32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR