FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

魚河岸から見た勝鬨、 勝鬨からみた魚河岸

記憶は定かではないが、昭和20年代の終わりごろ、
道路の拡幅工事があり、遠浅の砂浜が埋めたてられていた。
行き場を失った小さな蟹は、残った砂場にひしめいていた。
小学生だった小生は 友達とその蟹を捕まえに行っていた。
場所は大井町を抜け、青物横丁近くの海岸だったかもしれない。
遥か海上に、「お台場(複数個あった。3つか4つ?)」が見えていた気がする。
当時、海はそれほど汚れていなかったのだろう。
秋になると乗り合いの船が出て、
お台場で「はぜつり」をすることができた。

魚河岸の埠頭に立つ。
隅田川1137-55
高層ビル群で隠されているが、その先にはあの「お台場」が在るはず。
その「お台場」群も埋め立てられ、今は橋がかけられ、トンネルが開通し、地続きとなっている。
すさまじい変化だと思う。

目の前に水路が走っているが、
左には勝鬨橋が架かり、渡れば月島になる。
関東大震災後、魚河岸が日本橋から移ってきたというから、
月島・勝鬨地区の埋め立ては完了していて、
最初から、お台場は見えなかったのかも知れない。
隅田川1139-81
勝鬨橋を渡り、対岸から、魚河岸にカメラの眼を向ける。
眼前の水路は、埋め立てによってできた東京湾の運河だと思っていたが、
埋め立てにより延びた隅田川の河口ということになる。
-----------------------------
カメラは同じ KievⅡ。
魚河岸で使用したレンズはコシナ製 SC-Skopar 21mm F:4 (10年ほど前、新品で購入)
フィルムはRetro400S ISO:400で使用。
曇天の空、雨がぱらつき始めていた。
コントラストが低いので、硬調現像液(Ⅳa)を使って現像した。

勝鬨から撮ったカメラは同じ、フィルムも同じ。
違うのは、レンズと現像液。
レンズは 戦前のツアイス ゾナー50mm F:1.5を使用した。(1939年製 10年ほど前購入 :当然中古品)
戦前の珍しいTコートレンズです。
晴天で、コントラストは高いので、中庸な現像液(Ⅰ)で現像した。

コシナのSC-Skoparも、オールド・ツアイスのゾナーも 
小生の腕では必要にして充分、映りには満足しています。
これ以上のレンズを欲しがることないと思う。
(薀蓄を語るだけのレンズの眼を持たないだけですが・・・)
 

スポンサーサイト



  1. 2018/09/26(水) 19:07:14|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京駅から水道橋まで(1)       皇居のお堀まで      | ホーム | 築地・魚河岸  Retro400Sフィルム (Ⅳa)現像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1266-d573fb50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR