FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

勝島運河にてテスト撮影

ブローニー(120)フィルムは、家にMamiya-6があったので、
時たま思い出したように使うことがあった。
この10年はT-MAX100を使っていた。
5本入り一箱を買って冷蔵庫に入れ保管し使っているが、
期限切れになって、まだ1本残っている。そのくらいの頻度でしか使っていない。

6×6より大きなフォーマットの写真が撮りたくなり、
中古カメラ店(新宿)の棚にあったマミヤプレスセットを衝動買いしていた。
今市販されている120フィルムで、フジのアクロス100フィルムが一番安い。
ところが フジはこのフィルムの生産を既に中止しているという。
在庫がなくなり、おそらく10月には販売は終了するだろうとのことだった。
慌てて、その足でヨドバシカメラにいき、120フィルム5本入りを一箱購入した。

そのフィルムを使い、家の中でテスト撮影、不具合も見つからず、撮影できたので、
いよいよだと、機材を勝島運河へ持ち込み、テスト撮影を行なった。
セットで購入したマミヤプレスについていたフィルムホルダーは光線漏れもなく、問題なく撮れていたが、
アメ横カメラで購入したフィルムフォルダーのフイルムには光線漏れがでてしまった。
フィルムホルダー光線漏れDSC01572

家でのテスト撮影では何の問題もなかった。
光漏れしたネガを、フィルムホルダーに当て、光線漏れのあった場所を特定したら、
蓋のあわせ部分から入った痕跡が見つかる。
遮光モルトが硬くなり一部がはがれていた。
何回か開け閉めしているうち,剥がれてしまったらしい。

120フィルムでは 6×9フォーマットの写真8コマしか撮影できない。
8コマ中助かったのは一コマだけ。
勝島運河1133-1 Aホルダー 二段現像
アオリを使った風景写真。
足元から 遠方までピントは来ている。
ネガ画像を、フィルムスキャナーでPCに取り込む。
約7000万画素のモノトーン画像を得た。
銀塩粒子の径は細かい。
小さく白く写っている部分を、
拡大してみると いろいろなものが写っていた。
一部切り出し-3
背を見せた蟹と、仰向けに死んだ蟹。
一部切り出し-1
ピントは少し前ピンだったか?
直視ビューファインダでピントを合わせたが、
やはり黒の布を被り、ピントグラス上の画像を10倍のルーペでピントあわせしたほうがよかったか・・・・
(家でのテスト撮影では、10倍ルーペでピント合わせした。)

エッジが立つよう二段現像でフィルムを現像したが、それほど効果はでていない。
Retro80S、400Sとは 異質なフィルム。
どんな現像液で現像しても、一定のトーンになり・・・・使いやすいフィルムと言えそうだ。

現像は楽なフィルム、失敗は少ないだろう。
きれいに撮れさえすればそれでいいのなら、問題なく良いフィルムだが、面白さに欠ける。
表現できる幅は狭いように感じた。

Retro80SやRetro400Sは、現像液を換えると、ネガのトーンは大きく変化、
それをコントロールし使う楽しみはある。

フィルムホルダーに遮光モルトプレーンを貼り修理した。
古いカメラを使うのだから、少々不具合があっても、「駄目」と決めつかない。
使う使わないは、撮影者に任されている。
いままでだって 沢山失敗してきた。
これなど、取るに足りない失敗の一つ。
原因が解れば、あとは忍耐と工夫。
ボケ防止には最適だと思いたい。

もう一度 そのホルダーを使ってテスト撮影をする予定でいる。
たしかに 使いこなすのは 大変と思わせるカメラ。
さて、何時になるか・・・・



スポンサーサイト



  1. 2018/09/15(土) 10:05:35|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<築地・魚河岸の午後 アクロス100フィルム (Ⅰ)現像 | ホーム | 発達障害だった向日葵は・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1258-07bd2250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR