FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Mamiya Press 中判カメラをテスト 

大きなフォーマットのフィルムの表現力を知りたくて、
新宿の中古カメラ店で見たMamiya Press Super23 一式を衝動買いしていた。
購入して初めて気づいたが、このカメラ、フィルムのフォーマットが広いだけでなく、不完全だが「アオリ」が使えること。
「アオリ」に関しては、昔、カメラ雑誌などで、どう撮れるか技術的なことは、知っていた。
あぁすごい!!これは面白いことになる。
フィルムホルダーは蛇腹に付けられている(MAMIYA-6と同じような形式)、
フィルムホルダーを支える4本の支柱は可動なので、レンズの光軸を振ることができる。
アオリを使わない手はない、と早速テスト撮影していた。

撮影に先立ち、デジカメで比較画像を撮影。
DSC01563.jpg
前の黄色の菊の花から50cmの位置に三脚を据える。
Sony NEX-5の液晶画面を覗き、ズームし花をフレーミングする。
レンズの焦点距離45mmで 画面に収まる。
約1400万画素の写真を得る。

次に同じ位置で、三脚にMamiya Pres super23をセットする。
レンズは Sekor 100mm f:3.5 フィルムはT-MAX100を使用した。
接写1124-1
通常の撮影では、レンジファインダーの距離計は最短で100cmまでしか近づけない。
蛇腹を引き伸ばせば、45cmくらいまで接写可能になる。ただし、距離計は使えない。
ピントグラスユニットで焦点を合わせ、確認後、フィルムホルダーに交換すれば、近接接写も可能となる。

レンズは100mmの焦点距離、前の花に焦点を合わせたが、後ろの花はぼやけてしまった。
デジタルの画像と比較すると、ボケ方は非常に大きい。
デジタルの画像は、焦点距離は45mmの短焦点レンズを使っている。
それに、絞りはf:5と絞っている。
被写界深度は深い。
デジタル等倍DSC01563
ピントグラスユニットに交換し、アオリ機構を調整し、f;3.5の開放絞りでも、後ろの花まで焦点が来るよう調整する。
フィルムホルダーと交換し、撮影。
アオリ効果1124-3
3200dpiのフィルムスキャナーで画像をデジタル化すると、約7000万画素のデーターを得た。
手前の花から、
前の花 当倍
後ろの花まで、
奥の花 当倍
ほぼ 焦点は合っている。
100mmレンズの開放絞りで撮影しても、ボケることなく 前から後ろまでほぼピントは合っている。
すごい効果、アオリのできるカメラでないと味わえない・・・その凄さに興奮した。
上手く撮れるか否かは、撮影者の覚悟、意気込み、スキルに任されているのもいい。
これが 写真だよなぁ~~と再認識。
昔の写真家のすごさを思い知らせれる。
デジタルでは味わえない達成感を感じた。
面白い!
-------------------------------
新宿の中古市場で求めた(衝動買い)したMamiaPress Super23の100mmレンズシャッタ-の不具合があった。
確実性がないので、購入したカメラ一式を持参、(重さは、2.7kgもあった)
レンズの不具合を互いに確認、
直せないか?直せないなら、別の100mmレンズに交換できないか?
その場合、差額を出してもいいと、交渉したが、
委託品なので、レンズだけ交換するのは、店の一存ではできないという。
しょうがないので、購入した代金を返してもらい、カメラは返却した。
Mamiya Press 面白い。
再度、探して手に入れるつもりでいる。
インターネット・オークションより、やはり店舗を構えた店で見つけて 購入するつもり。



スポンサーサイト



  1. 2018/08/24(金) 20:48:02|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バカチョンカメラの実力 | ホーム | 新宿>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1245-f61eae75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR