FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Rage to see. Rage to shoot.   見たがる 。 撮りたがる。

夕方 大井町を散策。
カメラには最後のTRiーXフィルムが入っている。
これなら 少々薄暗いところでもシャッターは切れる。
大井町1109-18
いつしか 横丁へ入っていた。
大井町1109-13
飲食店の立ち並ぶ細い路地で撮影していた。
小生は秒撮、女性は自分が撮られているとは 気づかなかったのだろう。
女性がにっこりと 小生を見て、
「私も撮っておこう」と携帯電話を取り出し、横丁の光景を撮影する。
さすがに、独りで この横丁に入り、写真を撮る勇気はなかったのだろう。
カメラを構えて撮る老人の姿が、後押ししたのだと思う。
大井町1109-17
ひとしきり 撮影すると、女性は、飲食街に消えていった。
大井町1109-16
なにか普段と違ったものを見てみたい。
そして それを見たら、記憶に留めておきたいと思う。
写真を撮る動機だろう。

美しい花でも見慣れると、意識にのぼらず、厭きがくる。
美しい風景を撮っても、普段通りなら、何の感動もなくなる。
それでも同じものを繰り返し撮り続けるのは・・・・
「美しいものを撮っている」という自負、自己満足のようなものかもしれない。

めったに行けない異国の町、あるいは廃墟を撮影すれば、キャッチーな写真となる。
Rage to see. 写真を撮るとは そんな ことだろうか・・・・?
スポンサーサイト



  1. 2018/07/21(土) 10:57:24|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<見たように撮れない、 見たいようにも撮れない | ホーム | 新幹線の走る街  期限切れTRi-Xフィルム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1225-08981f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR