FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

日本橋近辺      Canon Autoboy Luna35 REtro80S (Ⅶ)+(Ⅳ)二段現像 

夕刻、日本橋から銀座へ向かって散歩。
日本橋1106-2
日本橋1106-13

日本橋1106-9


日本橋1106-3
二段現像で トーンを縮減。
白飽和を抑え、暗い部分のディテールも残っていた。
------------------------------------
四つ切や半切にプリントして 写真を楽しんでいる人・・・・どれだけいるだろうか?
アルバムに貼る程度で充分とする人は多い。
それなら、コンパクトカメラの画質で充分だと思う。

フィルムの時代からデジタルの時代になり、
デジカメ、スマホなどで夥しい数の写真が撮られてる。
その数は フィルムの時代の何倍、何十倍にもなっていると思うが、
有楽町のビッグカメラや、秋葉原のヨドバシカメラへいってみると、
アルバム台紙の置いてある棚が、段々と短くなっていくのを感じている。
一枚の写真に特別な価値を見出しづらくなった。
貼ってまで保存しておこうという気にならなくなったのかも。

誰でも簡単に撮れる・・・・そんなものを、誰が大事に扱うだろう?
写真そのものが、大事にされない時代に入ってきた。
これが写真の未来とは思いたくないけど・・・・
スポンサーサイト



  1. 2018/07/14(土) 14:34:40|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<林試の森  Canon Autoboy Luna35 REtro80S (Ⅶ)軟調現像 | ホーム | 中延近辺(品川区)       Canon Autoboy Luna35 REtro80S (Ⅳo)硬調現像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1220-ae2e7541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR