FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

興味に引かれ、行き当たり、ばったり。 それでいいのだ。 

Olympus ∞Stylus zoom DIXは DXコードがないパトローネでも ISO:100と認識し、
パトローネをセットすると、フィルムを巻き使える状態になった。
しかし、Canon Autoboy Luna35 ではDXコード付のパトローネでないと動かず、スタンバイにならない。
DXコードを付けたパトローネDSC01477
詰め替え用パトローネには、DXコードは付いていない。
そこで、WikipediaでDXコードを調べる。
仕組みは簡単。
フィルム感度設定と枚数など他の情報のため、6つの端子が二段に配置されてる。
電気的な通電があるか否かの簡単な端子なので、DXコードを自製した。
最初にアルミホイルを小さく切り、万能ボンドでパトローネに貼り付ける。
次に黒の絶縁用テープを切り取り、所定の位置に貼り付けた。(一番右のパトローネ)
ただそれだけで完成した。
①、③、⑤の位置を空ければISO:100となる。枚数は36枚撮りになるように絶縁テープを貼った。
Retro80Sフィルムを詰めて使ったところ、上手く動作し、無事撮影は終了。現像したが、問題なし。
ISO:100で露光してした。
Autoboy Luna35の内部を見ると、DXコードを読む端子が4本出ているだけ。
枚数などの情報は読んでいない。
これならと、ISO:100のコードだけ出るよう黒のビニールテープを切り貼り付けた。(真ん中のパトローネ)
使ったところ、これも問題なく使えた。
なんだ簡単・・・・
違った感度のフィルムで試そうと、
別のローダーに入っているOrtho25のフィルム感度、ISO:25のDXコードを自製した。.
同じように黒ビニールテープを切り取り、パトローネに貼る。(左のパトローネ)
Autoboyにセットしたが、フィルムがカメラのセットされたとは認識してくれない。
動かない!?
寸法誤差があり、正しく端子に当たっていない?
動かないぞ・・・その原因を探らねばと・・・しばし、呆然。

動かないパトローネを手にしていた。
せっかく巻いたOrtho25フィルム、ほかのカメラで使ってみるかと・・・・
何を思っていたのかNikomartFTnに装填していた。
そして撮った一枚。(2日前の撮影です。)
Orhto25硬調現像1108-19
現像のあがったネガフィルムをみてびっくり。
今までなかったトーンのネガになっている。
Ortho25フィルムは赤い光の感度が低い(ない)ので、硬調なネガになりやすい。
ネガの調子を整えるため通常は軟調現像液を使う。
今回は、二番目に硬調な現像液(Ⅳ)で現像してみた。
またなんで、この現像液にしたのか?なんとなく?偶然?
理由は・・・気分しだいというところだろう。

あぁできたか・・・という昂揚した気分になってしまった。
単純なものです。
永らく撮ってみたいと思った硬調なトーン。
これなら 森山大道の「黒いアメ車」のトーン出せるかも・・・・

行き当たりばったり、
そのとき、そのときの出来事に揺られ、突き動かされ、
写真を撮っているようなもの。
でも、こんなこともたまには起こるのだ。

現像方法と撮影法の手がかりは掴めた。
このトーン もうすこし突き詰めてみよう。
あとは光を読み、どんな被写体が最適か・・・・Try&Errorがあるのみだろう。
スポンサーサイト



  1. 2018/07/05(木) 11:08:38|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィルムと現像法 | ホーム | 新橋ガード下>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1214-b1befe38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR