FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

∞Stylusで撮る   五反田散歩

日本でのネーミングはミュー(μ)というカメラだった。
米国では ∞Stylusというネーミングで販売されていた。
μという記号はギリシャ文字、長さの単位で、ミクロンと読めば、千分の1mmの長さを指す。
素粒子の世界ではミュー粒子をあらわしている。

オリンパスという会社の名前からしてギリシャ風。
なかなか上手いネーミングだと思う。

米国向けのネーミングは"∞Stylus" 欧米の知識人だったらぐっとくるネーミングだろう。
哲学、宗教、数学、物理・・・・思想の根幹に関わる言葉で構成されている。
有限の数字を無限で割ると、答えは無限に小さな数すなわち0(Zero)に達する。
Stylusとは、鉄筆などの先端を持つものを指す言葉、レコード針などを指すとき使う言葉。
"∞Stylus" というネーミングは、無限とZero、無限と無(Zero,空) というイメージを喚起させる。

無限に小さな変化が函数に及ぼす影響(Limit 計算式)をニュートンは考え、開発した数学が微分積分。
無限に小さなゼロは∞という概念と結びついている。
この世界は無限に大きいのか?始まりのゼロ(Stylus)はあるのか?
この概念を軸に欧米の哲人、宗教思索家、数学者、天文学者は、議論を深めていったようにも思える。

真空(なにもない空間)などあるはずもない。自然は真空を嫌うと古代のギリシャ人は考えた。
点と線、コンパスによる曲線・・・・無限に細い線(ゼロの概念)を駆使し、ユークリッド幾何学を発展させたが、
√2が 神の領域の数字と考えたギリシャ数学(神学?)の哲人たちは、
Zero(無)も無限も神の領域、人間には考えが及ばないと避けたのかもしれない。

天地創造を神の意思とするキリスト教の教義からすると、悩ましい問題ができてくる。
この世界の果てはあるか?
果てもない無限が存在するとしたら、神は何処にいる?
創造主がこの世を作ったのだから、この世に、無(ゼロ)はありえない。
しかし、その矛盾を実験で覆してきたのも敬虔なキリスト教徒。
トリチェリーは水銀柱を使い、ガラス管の中に物理的な真空を作って見せた。
ニュートンは微分積分の数学を開拓し、物質運動を数式の形で記述することに成功する。
そこには、「神」の存在を仮定しなくても成り立つ規則性があった。

26年ほど前、ニューヨークで購入したカメラ。
改めてカメラを手にし、レンズカバーに記された∞Stylusの文字を読み、おどろている。
面白い、刺激的なネーミングのカメラ、果たして何が撮れるのだろう?
夜空に向けてもブラックホールは撮れないだろう。
接写しても素粒子の世界は撮れない。
せいぜい 人間の肉眼で見える世界だけ。遠くの山や海とその風景、接写しても花や昆虫の類。
でも、なにか∞(infinite)とStylus(先端、ゼロ)を暗示できるもの/ほのめかすもの・・・・撮れるかもしれない。
五反田 縦1102-25
心を写せるカメラなんてないのに、写心という言葉を使いたくなるらしい。
心を写す? それは言葉遊び。「君はピンクの象をみたか」のたぐい。
科学と技術で組み立てられたカメラに、そのような機能は組み込まれていない。
五反田 縦1102-28
一写入魂で写真を撮る・・・・心を込めて撮るのは賛成だが、カメラマンの魂がその写真に写りこむことはないと・・・・冷静に判断したほうがいいだろう。
五反田 縦1102-21
19世紀末になると、ゼロへの旅は新たな事象にぶつかる。
不確定原理・・・・最初は色温度だった。
色温度を正確に記述できる式が見つかる。そこにh(プランクの係数)があった。
hは量子論の世界の門を開ける。
量子論は科学か思想か・・・といえば思想(考え方、捉え方)に近いかもしれない。
量子力学の作用する世界では、粒子の位置と運動(速度、方向)を同時に正確に知ることはできない。
位置が判れば、運動は確定できず、運動を正確に知ろうとすると、位置がわからなくなる。
それを記述するのに波動方程式が提唱された。
摩訶不思議だが、立派な科学用語、それなりの権威もある。
波動方程式、キャッチーな名前、利用しない手はない。
セラピストと称する人物が「互いの心を共感させましょう」と誘っても、
ありきたりの文言では陳腐すぎて関心を寄せない。
難しい科学用語を交え、「心の波動を合わせましょう・・・・」と語ると、なるほどと思う人(信者か?)が現れる。
漫画では「波動砲」なる武器も描かれるようになる。
五反田 縦1102-5
人間が直接経験できる世界は0.1mm~40kmくらいの世界。
無限に小さなゼロの世界も、無限に大きな世界も経験できない。
無限に小さな、あるいは大きな世界は、神の世界に近づく(物理学者は神の存在を仮定しなくとも、数式で記述できると思っているが)。
そこで交わされる言葉には 覚悟がなかったら、近づかないほうがいいだろう。
生半可だとだまされるだけ。
また、まじめにつきあったら頭がおかしくなる危険性もある。
五反田 縦1102-6
小生 歳をとりすぎた、まじめに付き合い 理解を深めようと 
図書館に通い入門書を借りて読んではみるが、ボケ頭が追いつかない。
ただ、∞(無限) Zero(0・・・・先端、点、ポイント、Stylus)という単語にはすぐに反応するようになった。
五反田 縦1102-7
カメラのネーミングは面白いし、使っても楽しい・・・・ストロボが壊れていなければだが。
フィルムは、硬調現像液(Ⅳo)を使って現像してみた。


スポンサーサイト



  1. 2018/06/21(木) 09:07:59|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Olympus ∞Stylusで撮る  下神明にて  カメラの原点 透視図法 | ホーム | 五反田散歩  Olympus ∞Stylus 35-70mm >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1205-fb165c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR