FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

写真をキャッチーに作る・・・・

目を惹く写真を撮りたい。
その思いが強いと、画面を作ってしまう。
上手くいけばいいが、作為がみえみえで 浅薄な写真になることもある。
写真は 焼きこんでローキーにすると なにか訴えているような 写真に見えてくる。
影を強調1090-4a
元のネガは、ごく普通のじみな素人写真。
なんの見所もない。
焼きこみ、コントラストを付けると、見慣れない光景になる。
影を強調1091-21 Ⅲ
画面全体の濃度を暗くし、トーンカーブを調整しコントラストをあげると 
普段は気に留めなかった文様が、コンクリートの壁に浮き上がる。
見慣れた光景が消え、シュールな光景に変化する。
影を強調1088-22 Ⅱ
明るい空を焼きこむと、樹の影が怪しく壁に落ちる。
すると見慣れない非現実性が現れる。
作為はありありなのだが・・・・
へんだねぇ、何だこの写真と見入る。
そこが付け目。
そこに、意味不明だが「キャッチー」な文言(コメント)が、ついていると、
このカメラマン、何か掴んでいる、深い意味があるのだろう・・・・すごい奴ではないかと思ってしまう。

ほんとうでしょうかねぇ?

「光画」と新興写真。(モダニズムの日本) 展を見てから、
どうも 考えが過激になってしまったような気がする。
当時、写真を志していた人のすごさ(創意、工夫)を感じている。

それに引き換え、ちょこちょこと撮って
レタッチソフトを動かし、画像を作り、意味不明な難解な題をつける。(心象風景らしい・・・・)
魂胆ありあり、如何なものか?
デジカメ頼り、レタッチ頼り、安易だなぁと思う。

覚悟も志もないのは、小生も同じ、
たいした写真を撮っているわけではない。
目くじら立てるのは おかしいことなのだが・・・・・

スポンサーサイト



  1. 2018/05/20(日) 23:20:39|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<息を吸うように写真を撮る時代になって | ホーム | 鮫洲あたり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1181-45db27ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR