FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

一足早く「すすきの秋」をお届けします・・・

暦の上で中秋を過ぎました。ススキに眼がいくようになりました。
去年は10月の約1ヶ月間 「すすきを追って」とフィルムカメラで撮影。白黒の写真では、秋の色を表現する(感じる)のに限界がありました。今年は、デジタルでカラー写真かな、と考えていました。去年撮影した、戸越公園のすすきの穂がでてきたので、試し撮影。時刻は4時ごろ、陽は傾きかけています。
すすきDSC01661
やはり、カラーは難しい。フィルムで撮影していたときは、ラボ頼み、現像・焼付けの重要な工程は、他人任せ、ラボの職人(ベテラン)が最適と思われる色に調整してくれたのでしょう。デジタルになると、撮った当人にも、色の調整の道が開けました。
カメラ任せて撮った画像は、茶の色が穂に乗っています。撮影時の印象は、逆光気味なので穂は白く輝くようでした。黄色味は感じません。RAW現像で確かめると、カメラ任せの色温度は4100°K、そこで、色温度を下げ茶の色をなくそうとすると、白くはなるが青味がかかる、彩度を減らして調整すると、見たときの印象に近づきました。
「黄金に輝く仙石原のすすき」の宣伝に毒されているのでしょうか?逆光に黄色味を帯びて輝くすすきの原っぱをイメージしたくなります。色温度を上げ、彩度を少し増せば、そのイメージに近づきます。RAW現像には、色調を変えるバーもついているし、JPG変換、TIFF変換すれば、PHOTO SHOPで、更に色彩のこのトロールが可能です。
しかし、これどういことなのでしょう? 自分の印象に合わせたいと思って・・・「これが俺/私の印象」の御錦の旗を振りかざし、いつしか気づかないうちに、色変換の道を邁進している・・・あまり変換させすぎて嘘っぽくなると分かるのか?あるいは、誰かに指摘されて気づく? 指摘されると、むかついて「これが俺/私の印象」と写真表現のなんたるかをを述べて批判者を黙らせる? ・・・しかし、どこかでストップさせる歯止めはあるのかなぁ。だいぶ厄介な問題を抱えているように思います。
やはり、白黒のネガ写真のほうが、潔よい、すっきりする。
すすき569-15
撮影場所は「目黒自然教育園」と書きましたが、正式には「国立博物館付属自然教育園」、これでは、どこ?ということになるので、通称として、目黒の自然教育園と言っています。一番近い駅がJRの目黒駅だった関係です。(現在は、地下鉄の白金台が最寄です)ただし、目黒駅は上大崎で品川区、駅を降りて、自然園に向かう途中は、品川区、高速二号自動車道を超えると港区になり、自然教育園は港区にあります。地名で考えるとややっこしい。
右下にボーと菖蒲の黒い葉が入ってしまいました。ファインダーを覗いていて、気づかなかった・・・モウロクしたものです。
すすき569-29
自然教育園には、「すすき」を撮りに行ったわけではありません。スタイケンに触発され、ピンボケ写真で写真表現が可能かどうか試そうと、池の反射した光を撮ろうと行きました。カメラはピンボケ具合が確認できる一眼レフカメラ、水面の反射コントロールのためPLフィルターをつけています。結果は、思うような光線状態の場所がなく、野草とススキの撮影となってしまいました。
ピンボケ写真で写真表現が可能か・・面白いテーマなので、再度、戸越公園の池で挑戦してみます。だめなら・・・池田山公園の池・・・・林試の森の池・・・
スポンサーサイト



  1. 2013/09/20(金) 08:03:42|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピンボケ写真は 写真表現の技法となりえるか? | ホーム | 秋の訪れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/117-3bc386ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR