FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

黒い「しゃくなげ」

性懲りもなく戸越公園の庭に咲く「しゃくなげ」(石楠花)を撮りにいく。
デジタルの時代、美しい花を 美しく撮っても たいしたことではなくなった。
それは簡単だ。
スマホでもコンパクトデジカメでも 撮れてしまう。
ではなぜ?性懲りもなく・・・・
こう撮れるはずだという思い込みが強いのだろう。
しょうがないなぁと思いながら、カメラを抱えて戸越公園へ。
石楠花1077-#1-13a
黒い花弁の石楠花が撮りたかった。
石楠花1077-#2-23a Posi
フィルムで撮影する場合、
撮影されたフィルムは、暗室で、化学薬品を使って現像され、できたネガを、印画紙に焼き付けていた。
そこで初めて、意図したように撮れたか、駄目だったか、意図した以上によく撮れたかが判明する。
失敗したくないので、撮影する前にどうしようかと思案する。
フィルムを選び、フィルターを選び、現像液を選び、現像法を工夫してネガを作る。
撮影から現像まで 緊張感がある。

今、デジタルの時代、その緊張感は薄れている。
その場で、どう撮れたか液晶画面で確認できる。
不満なら、その場で撮影を修正し 再度撮ってみる。
フィルムと違い、メモリーに記録されただけ、沢山写して、あとで選べばいい。
写真を撮ることの緊張感がなくなり(いい面も沢山あるなぁ)、お手軽になる。進歩でしょう。
画像データーは カメラ本体で、あるいはPCのソフトで現像し、プリンターで紙にプリントする。
レタッチソフトのフィルタープログラムは高機能。
デジタル暗室と評し、レタッチソフトを使って画像を綺麗に作っている。

確かに黒い花弁の石楠花、レタッチソフトを使えば、簡単に変換(作る)できるかも・・・・
でも、少し、ちょっとでも デジタルでは出せないトーンできないものか
フィルムに拘る小生、そんなことを夢想している。



スポンサーサイト



  1. 2018/04/27(金) 07:52:24|
  2. 黒い花 怪しい花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<芍薬、牡丹 | ホーム | しゃくなげ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1163-346689da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR