FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

お堀の樹

3月の下旬 皇居のお堀伝いを歩いていた。
遠目にも、その堂々とした姿が くっきりと見える。
近づき、足を止め 撮影。
樹1065-30
おそらく楠でしょう。
撮影位置は限られる。
後ろに下がると、邪魔な柵がフレームに入る。
お堀の土手の中に入るわけにはいかない。
35mmくらいの広角レンズで撮影したほうがよかったかも。
-----------------------------
豊かなトーンのネガになるよう やや軟調の現像液で現像している。
今は あまり流行らないトーンだが、
1960年台の写真には このような豊かなトーン(白飽和も黒潰れもない)の写真が多かった。
伸ばしても銀粒子がでないような低感度フィルムを使い、豊かなトーンでまとめる。
そして重要なのは、隅々まで精細に写っていること。
そのため、風景撮影では、三脚を使うのが常識のようだった。
そこで風景撮影に挫折。
風景写真は撮らなくなったが、そのときの感覚(豊かなトーン)は まだ持っている。
たまに こんなトーンの写真を撮りたくなる。
スポンサーサイト



  1. 2018/04/20(金) 10:38:01|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<風景写真  ソ連時代のレンズ | ホーム | 戸越の夜桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1157-7de77f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR