FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

桜を見る人

こうやってブログを続けていると、
何が撮りたくて、どう撮っているのかわかってくる。
われながら、つくづく思うが、定型がないなぁと思う。
花見の人達1075-17
花見の人達1075-34
花見の人達1073-38
花見の人達1071-35
花見の人達1075-29

花見の人達1072-36
花見の人達1073-41
花見の人達1073-44
散歩にカメラ持ち出して撮っているだけなのだが、
そのとき、そのときの興味に駆られ、
花を撮ったり、都会の景観を撮ったり、繁華街で街撮りスナップ、フィルムを変えたり、フィルター効果を確認したり、
軟調現像してみたり、硬調現像してみたり、そのときの気分・興味でころころ変わる。
一定の見識というものがないのかねぇと思ってしまう。

花を撮る人は、花を撮るが、たいがいは同じようなティストになるように撮る。
都会の景観を撮る人も、だいたいいつも同じような切り取り方をする。
超広角レンズ一辺倒の写真がブログを埋めていたり、
エッジを立てた画像処理がすきだったり。
デジタルのHDR(ハイダミックレンジ)処理が好きな人は それに凝り、
廃墟の撮影に意欲を燃やす人は、ひたすら廃墟を駆け巡る。
ポートレートが好きな人は、ひたすら、ポートレート写真をとりまくる。
美しい風景を撮るひとは せっせと 美しい場所の美しい時を追い求める
しかも撮り方は(切り取り方は)いつもの通り、破堤することはない。

ブログは同好の士との情報交換、共感の場なのだから 当然のことだろう。
「この人はこういう写真を撮るのがすきなのだ」と気づけば、
見るほうも、安心してみることができる。

視点が未だ定まらず。
右へいったり、左をみたり。
取り留めない写真を撮って、独り自己満足している。
ブログの間違った使い方かもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/17(火) 09:48:54|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花見 | ホーム | なんとなくシュール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1154-d7e25207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (95)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (35)
レンズの眼、カメラの眼 (27)
映し出された世界 (21)
水辺の光景 (14)
勝島運河 (7)
写真の技法 (133)
ある場所、ある瞬間 (47)
デジタルで遊ぶ (28)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (23)
都会の景観 Tokyo (167)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (184)
猫、犬、鳥 (8)
白木蓮 (14)
黒い花 怪しい花 (10)
樹、草、花  (58)
桜  (84)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (27)
オールドレンズの密かな楽しみ (29)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (29)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR