本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

中央公園の白木蓮 (#3)

花の咲いている期間はほんのわずか。
あっという間に萎み散ってしまう。
いい瞬間を カメラに記録しておきたいと、
同じ場所、同じ白木蓮を撮っているが、まだまだ、もっと撮りようはある・・・・と思ってしまう。
毎日 カメラを抱え、いそいそと中央公園へ行く
厭きないのかねぇ・・・・(と おそらく妻は呟いている。)
白木蓮#3 1060-#3-19
いえ、まだ厭いていません。
同じ白木蓮。でもトーンの調子を変えれば、違った白木蓮が見えてくる。
白木蓮#3 1060-#3-30
二浴現像法というのが有名だが、小生の方法は二段現像法。
二浴現像法は 80年以上前に開発された方法で、今も信奉者は多いようだ。
ネットで調べると、シュテックラー式2浴現像法として紹介されている。
ブログには、なぜいいかのメカニズムの説明はなされているが、
そのエビデンス(証拠)は示されていない。(現像主剤:メトールの乳剤層への分配係数くらい載っていればいいのだが・・・)
講釈師 見たことのように嘘を言い・・・・

当時のフィルム(乾板)の乳剤層は厚かったので
「二浴現像法」で説明されたように現像は進行するかもしれないが、
現在のフィルムの乳剤層は薄くなっている。
試したが ほとんど効果はなかった。
単に軟調現像液で現像したのと結果に変わりはなかった。
今も使っている人は多いのだろうか?
白木蓮#3 1060-#3-27
二液現像法は、「二浴現像法」の発展形。
軟調現像液と硬調現像液の二つの現像液を使い、
最初に軟調で現像し、途中で、硬調現像液に替え ネガのトーンを整える現像法。
取り替えるタイミングと、硬調現像液でどれだけ現像を押すかで、ネガのトーンは変化する。
思い描くようなネガを得るためには、経験が必要になるが、
失敗しても意外性があり面白い。
上手くいけば なお楽しい。


スポンサーサイト
  1. 2018/03/13(火) 10:34:28|
  2. 白木蓮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中央公園の白木蓮 (#4) | ホーム | 中央公園の白木蓮 (#2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1125-1ae5014e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (83)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (5)
フィルムの眼 (23)
レンズの眼、カメラの眼 (23)
映し出された世界 (19)
水辺の光景 (14)
写真の技法 (132)
ある場所、ある瞬間 (37)
デジタルで遊ぶ (28)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (22)
都会の景観 Tokyo (129)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (166)
猫、犬、鳥 (8)
白木蓮 (14)
樹、草、花  (54)
桜  (84)
ひまわり (30)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (27)
オールドレンズの密かな楽しみ (29)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (28)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR