FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

モネの睡蓮 ・・・Alchemistの水「さるすべり」?

若い樹のように花が咲くのかと心配していましたが、艶やかに咲き誇っています。水面に投影された姿はニンフ?のよう・・・と、語りかけ、撮影。
午後の2時半から3時半までの1時間、その中でも、光が良いのは30分程度。曇ったら駄目。風が吹いたり、池の鯉が跳ねても、その文様は複雑に変化。その移ろい行く瞬間を捉えることができるのが、写真という魔法だなぁ・・・
水辺の百日紅DSC00644
風がないとくっきりと鮮明に。・・・現実の百日紅より艶やかです・・・そう、スクリーンのなかの女優は生身より素敵です。
水辺の百日紅DSC00619
こんな姿もあるんだ。すごい演技力。
水辺の百日紅DSC00305
モネの睡蓮のよう、良いですよ。
水辺の百日紅DSC00275a
印象派の絵の雰囲気があります。
水辺の百日紅DSC00331c
これは、南の島の風を感じます。花柄の服を着た島の娘が佇んでいたら、ゴーギャン風な写真になっていたかも。しかし、そのイメージに近づけようと、はめ込みの合成写真は作りません。あくまでもストレートフォト、移ろい行く瞬間を捉えるのが面白いと思っています。(できなかったら、それも良しと割り切る。)
水辺の百日紅DSC00499

水辺の百日紅DSC00550
また違った演技力を見せてくれます。(老)百日紅さん、すごい!
水辺の百日紅DSC00551b
9月一杯、花は咲き続けるでしょう。まだ、撮影のチャンスはありそうです。



スポンサーサイト



  1. 2013/09/11(水) 07:48:22|
  2. 映し出された世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピンずらし 古い技法ですが・・・擬似的なソフトフォーカス効果 | ホーム | Fake Moon  多重露光の行き着く先>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/112-99b57df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR